Translate

☆出演情報☆

出演した短編映画が完成しました。

“Walker”
Cast / Masanori Kikuzawa Wakako Hashimoto Yuichiro Konno
Music / Ryuichi Sakamoto「walker」「tri」
Camera,Edit,Direction / Yuichiro Konno
視聴はこちらからどうぞ⇨ https://vimeo.com/236178018

⭐︎2017年11月3日12:00〜⭐︎
出演作『わたしたちの家』
東京国際映画祭にて上映決定!
11月3日12:00〜
@ TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
詳細はこちら👉 http://2017.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=357

祝!出演映画が第39回ぴあフィルムフェスティバル

PFFアワード2017グランプリ獲得!

2018年1月13日よりHEADZ配給によりレイトショー公開決定!
『わたしたちの家』

監督:清原惟 [2017年/カラー/80分]
上映の詳細はこちら⇨ faderbyheadz.com/ourhouse.html

舞台出演!⭐︎2017年10月〜12月⭐︎

東京芸術劇場シアターオペラvol.11全国共同制作プロジェクト

プッチーニ/歌劇『トスカ』《新演出》

全3幕 日本語字幕付 イタリア語上演

演出 河瀨直美 指揮:広上淳一
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
10月15日(日)新潟県 りゅーとぴあ
新潟市民芸術文化会館 コンサートホール
10月27日(金)・29日(日)

東京都 東京芸術劇場 コンサートホール
11月8日(水)

石川県 金沢歌劇座
11月12日(日)

富山県 新川文化ホール 大ホール
12月7日(木)

沖縄県 沖縄コンベンションセンター

詳細はこちらから

プッチーニ/歌劇『トスカ』《新演出》   東京芸術劇場


舞台出演!⭐︎2017年12月22日⭐︎
​アンサンブル室町 in 歌舞伎町! ー祝10周年ー
2017年12月22日(金) 開場18:30 開演19:00
会場:新宿FACE http://shinjuku-face.com/
チケット 全席自由(ワンドリンク込み)
一般前売 5,000円 一般当日 5,500円 
学生前売 3,000円 学生当日 3,500円
助成:芸術文化振興基金・野村財団・朝日新聞文化財団
詳細は以下のリンクにてどうぞ。
https://www.ensemblemuromachi.or.jp/2017


舞台出演!⭐︎2018年3月下旬⭐︎

ミクニヤナイハラプロジェクト最新作『曖昧な犬』

作・演出:矢内原美邦

会場:吉祥寺シアター


舞台出演!⭐︎2018年5月26・27日⭐︎

アンジェリカ・リデルの舞台の再演です。

スペイン・マドリードのカナル劇場にて。

ANGÉLICA LIDDELL / ATRA BILIS ⇦こちらをクリック!
¿Qué haré yo con esta espada? (Trilogía del infinito)
26/05/2018 - 27/05/2018
Un enfrentamiento entre la prosa del Estado y el arrebato del Espíritu


⭐︎監督映画2作品動画配信中です!⭐︎

『おーい、大石』

予告編⇨https://www.youtube.com/watch?v=3lSh4puER7E …
購入⇨http://aoyama-theater.jp/feature/pff


『二羽の鳥、徹夜祭。』

予告編→https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=7WyppppBb-8 …



終了しました!⭐︎2017年4月21〜23日⭐︎

Theater LOV第2回公演『ベアトリーチェ・チェンチの肖像』

作:田尾下哲 演出:田尾下哲/田丸一宏

Theater LOV http://www.theaterlov.com


終了しました!⭐︎5月21日東京入谷で上映イベントやります⭐︎

『世界に杭を打つ!上映会 vol.1』

2017年5月21日(日) 会場:SOOO dramatic!(台東区入谷)

オフィシャルサイト⇨http://sekainikuiwo.strikingly.com

上映会ブログ⇨


終了しました!⭐︎2017年6月4日 出演映画3作一挙上映!⭐︎

『清原惟監督レトロスペクティブ わたしたちの映画』
会場:SCOOL  

終了しました!⭐︎2017年6月9日⭐︎

Angélica Liddell
¿Que haré yo con esta espada? (And what will I do with this sword?)
SHEROVER HALL, JERUSALEM THEATRE

詳細はこちらをクリック→More Info>


終了しました!主演映画&監督作品上映!⭐︎2017年7月23日⭐︎

松本一哉「落ちる散る満ちる」リリースツアー 横須賀公演

飯島商店⇨iijimashouten.tumblr.com


終了しました!⭐︎2017年7月28日⭐︎

清原惟監督作品『わたしたちの家』上映会
日本キリスト合同教会つるかわ台教会


終了しました!主演映画上映!⭐︎2017年8月⭐︎

映画『OVER, UNDER, AROUND & THROUGH』

パフォーマンス『黒と白と幽霊たち』の2本立て

終了しました!⭐︎4月29日に福岡にて上映!⭐︎

菊沢将憲監督作品「おーい、大石」PFFアワード2016に入選!


◇映画◇

☆オンライン配信中!☆

ぴあフィルムフェスティバル「PFFアワード2015」入選!
『ひとつのバガテル』 監督:清原 惟

◇その他◇

⭐︎2016年11月2日発売⭐︎

「シアターガイド」12月号にアンジェリカ・リデルとの日々についての特集記事を書かせていただきました。


☆2012年11月21日発売☆

空気公団ニューアルバム「夜はそのまなざしの先に流れる」
※出演した7月6日の空気公団ライブから音源収録。
空気公団ニューアルバム「夜はそのまなざしの先に流れる」 予告

☆2012年11月22日発売☆
『野田秀樹 (文藝別冊/KAWADE夢ムック)』野田秀樹さんとの座談会の様子が掲載。

⭐︎Web CM 出演中⭐︎
カツラ型IoTデバイス「ウェアラブル芸人(Wearable Comedian)」

⭐︎出演作予告編⭐︎

Facebookhttps://www.facebook.com/masanori.kikuzawa.9
instagramhttps://www.instagram.com/masanorikikuzawa/

2017年7月26日水曜日

matsucarpone2017 『 砂糖と琥珀のワルツ・イン・マドロミ』



吉祥寺のARGUMENT GALLERYに松岡千明さんの一人舞台を観に行きました。23歳の女の子の23ステージの一人舞台です。2016年は行けませんでしたが、2014年と2015年は観に行っていて、今回のが一番わけが分からなくて面白かったです。悪魔の女の子と付き合っている男の子のシーンと、映写機で照らし出す悪魔の女の子のシーンが交互に展開します。(勝手にそう思って観てました)かわいいんだけど、何か不気味なすれ違いの物語だったように思います。人によってはまた違う感想かも知れませんが。
意味を追わずにその場その場で勝手にお話を考えながらぼおっと眺めていられる舞台が好きです。明日からもあと16ステージくらいあるのでお時間ある方ぜひどうぞ。

2017.07.25(Tue)~07.30(Sun)
matsucarpone2017
『 砂糖と琥珀のワルツ・イン・マドロミ』
作・演出・出演・美術・制作・その他:松岡千明
matsucarpone WEB : http://matsucarpone.strikingly.com

2017年7月25日火曜日

自然にかえる

新しい映画の衣装合わせ。
自分のイメージと少し違う監督のイメージ。
そこから発見する。
自分にとっての役者の仕事とは寄り添っていくこと。
自分で0から何か考えていくのもとても好きだけど、
そうやって考えた人にこうやって寄り添っていくのも、とても好きな仕事。
自分で監督をやればやるほど、
監督やってる人への尊敬が大きくなる。
こんなことを必死でやってるんだから、
少しは支えになってあげたいなあって。

写真は自然にかえっていく人工物(自転車)。
いつかすべてがこうなると二重丸◎

2017年7月24日月曜日

『落ちる 散る 満ちる』横須賀公演終了!



2017.7.23sun 松本一哉「落ちる散る満ちる」リリースツアー 横須賀公演
出演:松本一哉+坂藤加菜、Senju-min(橋本和加子+稻継美保)+角銅真実
映画上映:今野裕一郎(バストリオ)、菊沢将憲
展示:黒木麻衣
日時:7月23日(日) 15:00 開場/16:00 開演
料金:2,000円(展示のみ入場無料)

会場:飯島商店

昨日は横須賀飯島商店での打楽器奏者松本一哉さんの『落ちる 散る 満ちる』リリースツアー公演にお誘いいただき、監督作『おーい、大石』を上映させていただきました。
いろいろあって英語字幕版での上映となりましたが、トップバッターの役割は果たしてくれたのではないかと思います。一年以上前の作品なので、自分の中ではもう古典作品のような感があり、『安倍政権は暴走やめろ!』のデモの叫び声を安倍政権が下火になりつつある今聴くのは、また別の趣があってよいものでした。

二番手のSenju-min(橋本和加子+稻継美保)+角銅真実さんの芝居もとてもよかったです。実際に車で旅した景色をパフォーマンスで描いたもので、そこに空気があればいつまでも見ていられる、『一緒にいる』という映画にはない演劇の強みを最大限に活かした作品だったと思います。

そして今野裕一郎監督の映画であり自分の出演している映画でもある『OVER, UNDER, AROUND &THOROUGH』。5月21日の『世界に杭を打つ!上映会』での初上映から二ヶ月経って見てみたら、また別の映画のように見えました。映画はそれ自体が形を変えることがない分、上映環境や前後の作品の並びなどで随分印象を変えるのだなと改めて感じました。こちらは8月にバストリオの舞台と併せて各地で上映されますので、ぜひ見ていただけるとうれしいです。情報は上の出演情報でご確認下さい。

そして大トリは主催者の松本一哉さんの演奏と坂藤加菜さんのダンス。自分はロッキンチェアーに座って見ていたので、音楽の気分に合わせてユラユラして見るのがとても心地よかったです。松本さんの『落ちる 散る 満ちる』今、聴いていますがとてもよいです。今回、展示で参加の黒木麻衣さんが描いたCDのブックレットも眺めているだけで気持ちがよいです。

横須賀まで足を運んでいただいたみなさん、ありがとうございます。
とてもいい時間を共有できてうれしかったです。
横須賀は港町で錆びついていて大好きです。
故郷の北九州を思い出します。

次は出演した清原惟監督の映画『わたしたちの家』の無料上映会が、7月28日に町田のつるかわ台教会で上映されます。ぴあフィルムフェスティバルに三度目の入選となった清原監督の新作です。こちらは入場無料ですのでお近くの方、ご興味ある方、ぜひ足をお運びいただけますとうれしいです。


清原惟監督作品『わたしたちの家』上映会
同時上映『波』2017年短編作品
2017年7月28日(金曜日)
18:30開場 19:00上映 20:40上映終了 21:30茶話会終了
入場無料(先着順、、FBイベント予約可、献金は歓迎)
直接会場にお越しください。
上映終了後に監督を囲む茶話会を予定しています。
会場 日本キリスト合同教会つるかわ台教会
東京都町田市真光寺2-13-20 TEL:042-737-7885

2017年7月22日土曜日

古賀研太+太田るな 版画展


【福岡のみなさんへ】
友人の画家アジサカコウジさんの娘さんとその友人の二人展が8月6日と7日の2日間、今泉のイタリア会館であります。お時間ありましたら、ぜひ足を運んでみて下さい。オープニングパーティーにもぜひ☆

「古賀研太+太田るな 版画展」

福岡出身で現在、イタリアの大学で美術を学んでいる、古賀研太と太田るな。今回は、このふたりの、版画を主体とする作品の展示販売を行います。展示作品はすべて去年の秋から今年の夏までに制作された新作で、古賀の展示のタイトルは、音楽家ジョン・ケージの代表作の名からとった「4.33」。そして太田の方のタイトルは、イタリア語で”貴方”と”彼女”の両方を意味する「lei」。版画のほか、オリジナルのTシャツや栞なども販売される予定です。
なお、初日6日(日)は19時から、持ち寄り形式のオープニングパーティと、古賀、太田ふたりによるライブペインティングを行います。どなたでも自由に参加できますので、飲み物か食べものを1.2品携えて、どうか気軽にお越しいただければ幸いです。

・期日:2017年8月6日(日)、7日(月)
・場所:SPAZIO(イタリア会館・福岡)
    福岡市中央区今泉1-8-25 季離宮(中2F)
・開館時間:11時~20時(入場無料)
 問い合わせ:イタリア会館・福岡

2017年7月16日日曜日

よい仲間は宝。

今日は4月に出演させていただいた『ベアトリーチェ・チェンチの肖像』の上映会とおつかれさま会でした。本当にあたたかな会で、いいカンパニーだったなと改めて思い返しました。
よい仲間は宝です。心から感謝!

2017年7月8日土曜日

『松本一哉「落ちる散る満ちる」リリースツアー横須賀公演』に参加します!


打楽器奏者の松本一哉さんが主催するイベントです。自分は映画監督作『おーい、大石』で参加させていただきます。また出演している今野裕一郎監督の『OVER, UNDER, AROUND & THOROUGH』の上映もあり、このイベントに出演している人たちみんな、この映画にも出演しています。スクリーンと生と両方出会える贅沢なイベントです。会場の近くにも有名なカレー屋さんや気になるお店がたくさんあり、イベントも16時から21時までたっぷり楽しめるので、夏の1日を楽しく過ごしていただけます。

もしお時間ありましたら、7/23はぜひ横須賀の飯島商店へ!  松本一哉「落ちる散る満ちる」リリースツアー横須賀公演
7/23に飯島商店にて『松本一哉「落ちる散る満ちる」リリースツアー横須賀公演』を開催。

バストリオの演出家でもある今野裕一郎監督が、5月に公開した『OVER, UNDER, AROUND & THROUGH』の映画出演者たちをお迎えし、今野裕一郎監督上映はもちろん、今野作品主演の菊沢将憲さんの映画監督作品上映、橋本和加子+稲継美保のsenju-min作品、松本一哉はダンサーの坂藤加菜さんとデュオをやります。
黒木麻衣さん展示と盛り沢山!

飯島商店HP  

ぜひお越しください!!!

2017年7月7日金曜日

出演映画『わたしたちの家』PFF2017入選!

出演させていただいた清原惟監督の『わたしたちの家』が、第39回ぴあフィルムフェスティバル/PFFアワード2017に入選いたしました。これで清原監督はPFFに3度目の入選となります。おめでとうございます!

今年のぴあフィルムフェスティバル東京会場は、9月16日(土)~29日(金) 東京国立近代美術館フィルムセンター(京橋)にて開催されます。それからツアーへ。
すでに各所で上映されて、話題を呼んでいる映画です。
ぜひ足をお運び下さい!

2017年7月6日木曜日

出演映画『わたしたちの家』無料上映会!

7月28日19時より出演させていただいた清原惟監督の映画『わたしたちの家』の無料上映会があります。清原監督の最新作短編『波』も上映されます。
教会での上映ですので、清原監督の作品の雰囲気にぴったりな予感。

清原惟監督作品『わたしたちの家』上映会
同時上映『波』2017年短編作品


2017年7月28日(金曜日)
18:30開場
19:00上映
20:40上映終了
21:30茶話会終了

入場無料(先着順、、FBイベント予約可、献金は歓迎)
直接会場にお越しください。

FBページ予約枠15名、「参加予定」をクリックしてください。(会場定員30名)
上映終了後に監督を囲む茶話会を予定しています。

会場
日本キリスト合同教会つるかわ台教会
東京都町田市真光寺2-13-20
TEL:042-737-7885
協力:対話のデザイン研究所


ぜひぜひ足をお運び下さい。
詳細・ご予約は下の画像をクリックして下さい。

2017年7月5日水曜日

井樫監督最新作『真っ赤な星』クラウドファンディング

2016年のぴあフィルムフェスティバルで入選監督としてご一緒させていただいた井樫彩監督。その映画『溶ける』は今年の第70回カンヌ国際映画祭シネフォンダシオン部門に日本人史上最年少で正式出品されました。

その井樫監督の新作『真っ赤な星』に関わらせていただいてます。
弱い人間の心を優しく丁寧に、けれどもとても激しく強く描く監督です。
今年8月撮影&2018年国内外映画祭に出品後、全国で上映予定です。

現在、クラウドファンディングしております。
ご興味あればぜひ、この映画に一枚かんでみて下さい。
とてもいい映画になりますので、どうぞよろしくお願いいたします。


こちらをクリック⇩

2017年7月3日月曜日

8月、主演映画が金沢・長野・大阪にて上映されます!


《8月、主演映画が金沢・長野・大阪にて上映されます!》
5月に上映会をご一緒した映画監督でもある今野裕一郎さんのバストリオが、8月に浜松・長野・金沢・大阪「黒と白と幽霊たち2017」ツアーに出ます。そのうち、金沢・長野・大阪会場では、先日出演させていただいた今野さんの新作映画『OVER, UNDER, AROUND & THROUGH』が同時上映されます。

土の中、水の中、あちこち這いずり回った思い入れ深い映画です。現代を映しながら、しかし圧倒的な希望に満ちた大好きな映画です。舞台も観ましたが、言葉を失うくらい素晴らしいので、重ねて観ていただくとすごいことになるはずです。


ぜひぜひ、足をお運び下さいませ!
ロックンロールです!

詳細は下の画像をクリックして下さい⇩

2017年7月2日日曜日

「残像」アンジェイ・ワイダ監督

神保町の岩波ホールにてアンジェイ・ワイダ監督の遺作「残像」を観ました。
実在したポーランドの前衛画家ヴワディスワフ・ストゥシェミンスキの物語です。社会主義政権による全体主義の波に逆らい続けた一人の男が、すべてを失い、どうにもならないまま映画は終わります。
何の救いも、希望も、未来もありません。
言葉も何もありません。
どう受け取るのかは、完全に委ねられています
ひとつ思うのは、こうなってしまったらもうどうにもならないということだけです。

マーチン・ルーサー・キング牧師の「この変革の時代において、もっとも悲劇的であったのは、悪人たちの辛辣な言葉や暴力ではなく、善人たちの恐ろしいまでの沈黙と無関心であった。」 という言葉がありますが、苦しむ画家を目前にしながら我が身を守るために全体に従う友人や、逆に自身が危険にさらされても画家を守ろうとする生徒たちなど、その人間模様もしっかりと描かれていて、同じ状況にいたとしたら自分はどういう行動をとるのだろうかと考えさせられました。そして、その中の誰も、救われません。

この映画に答えはないのです。

一人の人間がどう国家に抵抗するのか。
表現の自由を得るために、どれだけの代償を払わねばならないのか。
全体主義のなか、個人はどのような選択を迫られるのか。
これらの問題は過去のことと思われていましたが、
今、ふたたびゆっくりと私たちを苦しめ始めています。
これらに答えを出すべきか、私たちは既に知っているのです。
このことを忘れてはなりません。
アンジェイ・ワイダ 2016年、初夏