Translate

☆出演情報☆

⭐︎監督映画2作品動画配信中です!⭐︎

『おーい、大石』

予告編⇨https://www.youtube.com/watch?v=3lSh4puER7E …
購入⇨http://aoyama-theater.jp/feature/pff


『二羽の鳥、徹夜祭。』

予告編→https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=7WyppppBb-8 …


NEW!⭐︎2017年9月16日〜29日⭐︎
出演映画『わたしたちの家』PFFアワード2017入選!
「第39回PFF」9月16日(土)~29日(金) 
@東京国立近代美術館フィルムセンター(京橋) *月曜休館

主演映画の上映です!⭐︎2017年8月⭐︎

映画『OVER, UNDER, AROUND & THROUGH』

パフォーマンス『黒と白と幽霊たち』の2本立て

8/10 長野 かんてんぐら  8/12 金沢 金沢アートグミ 
8/13 大阪 Flag studio  8/15 東京 BUoY北千住アートセンター
予約はバストリオウェブサイトにて!

http://busstrio.com


終了しました!⭐︎2017年4月21〜23日⭐︎

Theater LOV第2回公演『ベアトリーチェ・チェンチの肖像』

作:田尾下哲 演出:田尾下哲/田丸一宏

Theater LOV http://www.theaterlov.com


終了しました!⭐︎5月21日東京入谷で上映イベントやります⭐︎

『世界に杭を打つ!上映会 vol.1』

2017年5月21日(日) 会場:SOOO dramatic!(台東区入谷)

オフィシャルサイト⇨http://sekainikuiwo.strikingly.com

上映会ブログ⇨


終了しました!⭐︎2017年6月4日 出演映画3作一挙上映!⭐︎

『清原惟監督レトロスペクティブ わたしたちの映画』
会場:SCOOL  

終了しました!⭐︎2017年6月9日⭐︎

Angélica Liddell
¿Que haré yo con esta espada? (And what will I do with this sword?)
SHEROVER HALL, JERUSALEM THEATRE

詳細はこちらをクリック→More Info>


終了しました!主演映画&監督作品上映!⭐︎2017年7月23日⭐︎

松本一哉「落ちる散る満ちる」リリースツアー 横須賀公演

飯島商店⇨iijimashouten.tumblr.com


終了しました!⭐︎2017年7月28日⭐︎

清原惟監督作品『わたしたちの家』上映会
@日本キリスト合同教会つるかわ台教会


終了しました!⭐︎4月29日に福岡にて上映!⭐︎

菊沢将憲監督作品「おーい、大石」PFFアワード2016に入選!


◇映画◇

☆オンライン配信中!☆

ぴあフィルムフェスティバル「PFFアワード2015」入選!
『ひとつのバガテル』 監督:清原 惟

◇その他◇

⭐︎2016年11月2日発売⭐︎

「シアターガイド」12月号にアンジェリカ・リデルとの日々についての特集記事を書かせていただきました。


☆2012年11月21日発売☆

空気公団ニューアルバム「夜はそのまなざしの先に流れる」
※出演した7月6日の空気公団ライブから音源収録。
空気公団ニューアルバム「夜はそのまなざしの先に流れる」 予告

☆2012年11月22日発売☆
『野田秀樹 (文藝別冊/KAWADE夢ムック)』野田秀樹さんとの座談会の様子が掲載。

⭐︎Web CM 出演中⭐︎
カツラ型IoTデバイス「ウェアラブル芸人(Wearable Comedian)」

⭐︎出演作予告編⭐︎

Facebookhttps://www.facebook.com/masanori.kikuzawa.9
instagramhttps://www.instagram.com/masanorikikuzawa/

2017年2月28日火曜日

映画『わたしたちの家』予告編

出演しています清原惟監督の映画『わたしたちの家』予告編ロングバージョンです。
上映は3月5日(日)と3月9日(木)21時より渋谷アップリンクで上映です。
5日の上映には舞台挨拶に行きますので、ぜひご来場下さい。
お待ちしております!

2017年2月22日水曜日

映画専攻・11期修了作品予告編

映画専攻・11期修了作品予告編です。清原惟監督作品『わたしたちの家』に出演しています。
他の3作もとてもよかったのでおすすめです。
『わたしたちの家』の上映は3/5(日)と3/9(木)の21時から。会場は渋谷ユーロスペースです。
5日は舞台挨拶に伺いますので、ぜひご来場下さい。
上映会の詳細はこちらです↓
geidai-film.jp/2017/01/982/

2017年2月21日火曜日

バストリオ『TONTO』アフタートークに出演します。

明日から初日を迎えるバストリオ『TONTO』2/26(日)13:00〜の回にアフタートークのゲストとして呼んでいただきました。今野さんと話すときは、いつも6〜8時間ぶっ通しで語り続けていてきりがありません。
話すたびにいつも自分が今後どうしていくべきかの啓示をもらっています。
先月観た『黒と白と幽霊たち』もすさまじかったのに、もう新作の初日が明日!
信じられない加速度で、表現の海を飛ぶように渡っていきます。
トークでは5月に予定している新作映画上映についても話します。
ぜひご来場下さい。
バストリオ『TONTO』

2月22日(水) 20:00
23日(木)19:30☆
24日(金)19:30
25日(土)休演
26日(日)13:00☆/17:00

(受付開始・開場は開演の30分前)

☆アフタートーク
23日19:30の回 佐々木敦(批評家)
26日13:00の回 菊沢将憲(役者・映画監督)

会場:早稲田小劇場どらま館

チケット

一般 予約2,800円/当日3,000円
学生 予約2,500円
ペア割 5,000円(1人2,500円)

Theater LOV第2回公演『ベアトリーチェ・チェンチの肖像』に出演します。

4月に出演します。
戯曲の言葉のひとつひとつがあまりに美しく、現代の劇作家でこんな物語を書ける人がいたのかと驚きました。古典劇が持つ力強さをしっかり持った現代戯曲。その言葉にしっかりと命を吹き込みます。演出の田尾下さん、田丸さんとは野田秀樹さんの舞台の現場で何度もご一緒させていただきました。「ラファエロの再来」と呼ばれたイタリアの天才画家、グイド・レーニの役を演じます。ベアトリーチェ・チェンチに強烈に魅かれながら自分の芸術を追求し続ける画家レーニ。なぜ描くのかを追求し続けるレーニの姿に、自分が今抱え続けている『何故演じるのか、何故映画を撮るのか』という激しい衝動を重ねながら丁寧に演じていきます。ぜひ足をお運び下さい。舞台でお会いできるのを楽しみにしています!


Theater LOV第2回公演『ベアトリーチェ・チェンチの肖像』
Theater LOV受講生による試演会
公演情報
●『ベアトリーチェ・チェンチの肖像』

出演
ベアトリーチェ(娘)
ドルニオク綾乃
フランチェスコ(父)
田中智也
ルクレツィア(後妻)
中井奈々子(21日13時・23日19時の回出演)
安田佑子(21日19時の回出演)
白木原しのぶ(22日13時の回出演)
田代真奈美(22日19時の回出演)
華 みき(23日13時の回出演)
ベルナルド(弟)
長谷川慎也
オリンピオ(召使)
小林裕
レーニ(画家)
菊沢将憲

作:田尾下哲
ドラマトゥルク・修辞:長屋晃一
演出:田尾下哲/田丸一宏
美術・衣裳:塚本行子
音楽:茂野雅道
舞台監督:臼田典生
<日時>
2017年4月21日(金)13時・19時
2017年4月22日(土)13時・19時
2017年4月23日(日)13時・19時
※21日(金)19時の回には紀里谷和明・田尾下哲によるプレトーク(18時15分〜45分)を予定
※上演時間2時間30分を予定
<チケット>
4,000円・全席自由・発売日3月4日(土)10時
●Theater LOV 受講生試演会
『チェーホフ短篇集〜「白鳥の歌」「悲劇の人」「熊」〜』
出演
石川統崇
海老原恒和
北村味加
黒木脩平
庄大地
本間真
作:アントン・チェーホフ
翻訳:田中壮太郎
演出:保科由里子
<日時>
2017年4月22日(土)16時30分
2017年4月23日(日)16時30分
※上演時間1時間を予定
※両日共17時30分より紀里谷和明・田尾下哲・保科由里子によるアフタートークを予定
<チケット>
無料
※全席自由、チェンチ昼公演をご覧のお客様に優先的にお席案内予定
共通情報
<会場>
スタディオ・アマデウス
東京都世田谷区弦巻4-7-7/東急田園都市線桜新町駅西口徒歩8分
主催:株式会社Theater LOV
制作:庭山由佳
広報:仁科太一
協力:北出華瑚
統括:紀里谷和明

2017年2月17日金曜日

サロメの娘

原宿のVACANTにて友人(というにはあまりに大先輩)の七里圭監督の『音から作る映画のパフォーマンス上映』の『サロメの娘/パフォーマンス』のゲネプロを観せていただきました。

すごかった。すごすぎた。

80分の時間が24時間に感じられるほどの濃密過ぎる体験。これは文字では書ききれない。
数年前、雪の積もった新潟で共に追いかけ続けたサロメの夢が、実現することなく消えていったサロメの夢が、こんなカタチで結晶していたなんて。会場に入ってすぐに感じた「これから何かを見せる」ではない、「これから何かをつくる」という空気にみちみちた空間を感じて始まる前から感動していました。

七里さんはもちろん、撮影の高橋さん、出演の黒田育世さん、長宗我部陽子さんにも久しぶりに会えて、とてもうれしかった。

『つくらなければ』猛烈にそう思った。
これまでの人生で体験したことがなかった映像体験、そして映像感覚。こんなの見せられて、じっとしてることなんて、俺には出来ない。

すさまじい『映画』でした。
2月19日まで、VACANTにて。
これは見逃してはいけません。

2017年2月16日木曜日

PFF福岡上映の詳細が出ました!

「ぴあフィルムフェスティバル」4月の福岡上映の詳細が出ました。
監督した映画『おーい、大石』は4月29日(土) 11:00~上映です。
舞台挨拶、アフタートークで会場に行きますので、福岡、九州のみなさま、ぜひご来場下さい!他の監督たちの映画もとても面白いのが揃っていて、PFFの歴史と、セレクションメンバーのみなさんの情熱と映画監督たちの才能をしっかりと感じてもらえるはずです。
一年間のお祭りのラストが福岡!楽しんで下さいね!

2017年2月13日月曜日

『いつかその日』が来なくても。

ロマン・ポランスキー監督のドキュメンタリー映画「ロマン・ポランスキー 初めての告白」と、ロバート・アルトマン監督のドキュメンタリー「ロバート・アルトマン ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男」を観る。アルトマン監督のドキュメンタリーは最初の砂の城のシーンで、前に観たことがあるのに気付いたけれど、それでもまったく問題なく、またノートとペンを取り出して、いろいろ書き出しながら時間をかけて観た。

映画監督には哲学者のような風情の人が多くて好きだ。映画よりも監督の方に興味があり、その人生と語っていることを知れれば、わざわざ映画を観なくてもそれ以上のことを学ばせてくれる気がする。

二人が共通して語っていて印象に残ったのは、『70年代頃までは映画会社はその才能を認めた映画監督を全力でサポートし、いい映画を作るために全力を注いでいた』ということ。とにかく今とは違ったのだということだけはよく分かった。映画会社がやるべき当たり前の仕事のように聞こえるけれど、もうそうではないようだ。

70年代に生まれた者のはしくれとして、そういう時代があったのだということを誇りに思う。そうではない時代の中で、どうやって生きていくのかということを考える。

独立系監督。
自分の信じたものを、自分の手でつくり出す。
100本でも1000本でも撮りまくる。撮れる限り。
金があるならあるなりに、金がないならないなりに。
お金と作品の精神性は比例しない。幸運なことに。

時代ではなく、自分と向き合う。
まだまだ良心的な、しっかりした眼を持つ人はたくさんいる。
その人たちを信じて、つくり続ける。
『いつかその日』が来なくても。

変わらないね。同じことをやり続けるだけ。
自分のやる仕事と人々の考えがうまく合えば成功する。
失敗して過去の人と言われても、また始める。
私はまっすぐに歩むだけだ。他の人はブレるけど。
ロバート・アルトマン

2017年2月8日水曜日

監督作『二羽の鳥、徹夜祭。』配信開始しました。

監督作『二羽の鳥、徹夜祭。』が動画配信サイト青山シアターにて配信開始されました。全国どこでも540円!スマホやパソコンで見ることが出来ます。
『おーい、大石』とは対照的に、どこまでも静かな会話劇。演劇ユニット『バストリオ』の今野さん、橋本さんの息の合った、イメージを喚起する言葉をていねいに紡ぎ続ける緊張感ある演技をお楽しみ下さい。

青山シアター『二羽の鳥、徹夜祭。』はこちら
aoyama-theater.jp/pg/2575

『おーい、大石』はこちら
aoyama-theater.jp/pg/2363

2017年2月6日月曜日

監督作『二羽の鳥、徹夜祭。』いよいよ配信開始!

【2月8日より配信開始です】A trailer of my movie.
監督した映画『二羽の鳥、徹夜祭。』が2月8日より動画配信サイト青山シアターさんで配信していただけることになりました。ぴあフィルムフェスティバルでの『おーい、大石』上映に来ていただいた担当の方に気に入っていただき、配信が決まりました。『おーい、大石』と一緒にぴあに応募し、一次・二次のセレクションメンバーの方々の中で『おーい、大石』に匹敵する評価をいただいたものの、入選は一作のみということで脚本もオリジナルである『おーい、大石』が入選しました。こちらの『二羽の鳥、徹夜祭。』は脚本家が違うのもあって、『おーい、大石』とはまったくテイストが違います。主演は先日『黒と白と幽霊たち』の公演を終えたばかりの演劇ユニット、バストリオの今野裕一郎さんと橋本和加子さん。そして、映画『わたしたちの家』が完成し、3月に渋谷ユーロスペースでの上映がはじまる映画監督の清原惟さんに出演してもらっています。
青山シアターの皆様、ぴあフィルムフェスティバルの皆様、出演者の皆様、予告編にコメントをいただいたポレポレ東中野の小原さん、本当にありがとうございます。日本全国どこでも540円で観ることが出来ます。ぜひお知り合いの方にお知らせなど、よろしくお願いいたします。

『二羽の鳥、徹夜祭。』(2016年/48分/カラー)
2017年2月8日、動画配信サイト青山シアターにて独占配信開始!
http://aoyama-theater.jp/
PFFアワード2016入選作「おーい、大石」の菊沢将憲監督作。PFFアワード2016の二次審査において、審査員の間で「おーい、大石」と人気を二分し、高い評価を得た作品。主演は、独自の手法で知られる演劇ユニット「バストリオ」のメンバーである今野裕一郎と橋本和加子。「おーい、大石」にも出演していた清原惟監督(「ひとつのバガテル」)が独特の存在感を醸し出す。
男はある日、女に再会し、その女に連れられて、女の祖母の家の片付けに向かう。男は初めて訪れたその家の中に残る空気やにおいの中で、ある感覚にひき寄せられていく。昼と夜がつながってループする。迫ってくる影、よみがえってくる記憶。男はいつしかその夢とも現実ともつかない世界の中を彷徨いはじめ、自分が今居るはずの場所を見失っていく…。
監督:菊沢将憲
脚本:栖木真
出演: 今野裕一郎/橋本和加子/清原惟
(C)菊沢将憲
https://www.youtube.com/watch?v=7WyppppBb-8
2017年2月8日、動画配信サイト青山シアターにて独占配信開始! http://aoyama-theater.jp/ PFFアワード2016入選作「おーい、大石」の菊沢将憲監督作。PFFアワード2016の二次審査において、審査員の間で「おーい、大石」と人気を二分し、高い評価を得た作品。 主演は、独自の手法で知られ...
YOUTUBE.COM

2017年2月1日水曜日

監督作『おーい、大石』青山シアターにて配信スタート!

監督した映画『おーい、大石』の配信が本日より再び青山シアターさんでスタートしました。たくさんの人に観ていただきたいので、ぜひお知らせよろしくお願いいたします。

現在、NODA・MAP新作「『足跡姫』~時代錯誤冬幽霊~ 」に出演中の大石貴也さんと、新作映画『わたしたちの家』が上映されたばかりの映画監督、清原惟さんが出演しています。


編集まで自分で手がけた初めての映画です。

青山シアターのみなさま、ぴあフィルムフェスティバルのみなさま、ありがとうございます。
たくさんの人のもとに届きますように。

『おーい、大石』

原題:Hey,Oishi    ¥540
●PFFアワード2016入賞作品
●オンライン上映【配信期間】2/1~

【STORY】

平和活動に少しあきあきしていたキクザワが、荒川の橋の下で暮らしていたオオイシと再会する。彼らは、そこら辺の葉っぱの煙を吸って黄色い蝉と出会ったり、魚を釣ったり、劇をやったり、懐中電灯でシグナルを送り合ったりして過ごす。だが翌日オオイシは、タップを踏みながら川沿いの道の向こうに消えていく。

【INFORMATION】

監督・脚本・撮影・編集・録音・音楽:
菊沢将憲
CAST:
大石貴也/菊沢将憲/清原 惟
制作年:2016年
制作国:日本
配信時間:26分
配信元:ぴあ(株) PFF事務局
ジャンル:ドラマ
(C)菊沢将憲

青山シアター
http://aoyama-theater.jp/feature/pff

『おーい、大石』facebookページ

https://m.facebook.com/pffoishi/

『おーい、大石』予告編

https://m.youtube.com/watch?v=3lSh4puER7E

どうぞお楽しみ下さい!