Translate

☆出演情報☆

出演した短編映画が完成しました。

“Walker”
Cast / Masanori Kikuzawa Wakako Hashimoto Yuichiro Konno
Music / Ryuichi Sakamoto「walker」「tri」
Camera,Edit,Direction / Yuichiro Konno
視聴はこちらからどうぞ⇨ https://vimeo.com/236178018

⭐︎2017年11月3日12:00〜⭐︎
出演作『わたしたちの家』
東京国際映画祭にて上映決定!
11月3日12:00〜
@ TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
詳細はこちら👉 http://2017.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=357

祝!出演映画が第39回ぴあフィルムフェスティバル

PFFアワード2017グランプリ獲得!

2018年1月13日よりHEADZ配給によりレイトショー公開決定!
『わたしたちの家』

監督:清原惟 [2017年/カラー/80分]
上映の詳細はこちら⇨ faderbyheadz.com/ourhouse.html

舞台出演!⭐︎2017年10月〜12月⭐︎

東京芸術劇場シアターオペラvol.11全国共同制作プロジェクト

プッチーニ/歌劇『トスカ』《新演出》

全3幕 日本語字幕付 イタリア語上演

演出 河瀨直美 指揮:広上淳一
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
10月15日(日)新潟県 りゅーとぴあ
新潟市民芸術文化会館 コンサートホール
10月27日(金)・29日(日)

東京都 東京芸術劇場 コンサートホール
11月8日(水)

石川県 金沢歌劇座
11月12日(日)

富山県 新川文化ホール 大ホール
12月7日(木)

沖縄県 沖縄コンベンションセンター

詳細はこちらから

プッチーニ/歌劇『トスカ』《新演出》   東京芸術劇場


舞台出演!⭐︎2017年12月22日⭐︎
​アンサンブル室町 in 歌舞伎町! ー祝10周年ー
2017年12月22日(金) 開場18:30 開演19:00
会場:新宿FACE http://shinjuku-face.com/
チケット 全席自由(ワンドリンク込み)
一般前売 5,000円 一般当日 5,500円 
学生前売 3,000円 学生当日 3,500円
助成:芸術文化振興基金・野村財団・朝日新聞文化財団
詳細は以下のリンクにてどうぞ。
https://www.ensemblemuromachi.or.jp/2017


舞台出演!⭐︎2018年3月下旬⭐︎

ミクニヤナイハラプロジェクト最新作『曖昧な犬』

作・演出:矢内原美邦

会場:吉祥寺シアター


舞台出演!⭐︎2018年5月26・27日⭐︎

アンジェリカ・リデルの舞台の再演です。

スペイン・マドリードのカナル劇場にて。

ANGÉLICA LIDDELL / ATRA BILIS ⇦こちらをクリック!
¿Qué haré yo con esta espada? (Trilogía del infinito)
26/05/2018 - 27/05/2018
Un enfrentamiento entre la prosa del Estado y el arrebato del Espíritu


⭐︎監督映画2作品動画配信中です!⭐︎

『おーい、大石』

予告編⇨https://www.youtube.com/watch?v=3lSh4puER7E …
購入⇨http://aoyama-theater.jp/feature/pff


『二羽の鳥、徹夜祭。』

予告編→https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=7WyppppBb-8 …



終了しました!⭐︎2017年4月21〜23日⭐︎

Theater LOV第2回公演『ベアトリーチェ・チェンチの肖像』

作:田尾下哲 演出:田尾下哲/田丸一宏

Theater LOV http://www.theaterlov.com


終了しました!⭐︎5月21日東京入谷で上映イベントやります⭐︎

『世界に杭を打つ!上映会 vol.1』

2017年5月21日(日) 会場:SOOO dramatic!(台東区入谷)

オフィシャルサイト⇨http://sekainikuiwo.strikingly.com

上映会ブログ⇨


終了しました!⭐︎2017年6月4日 出演映画3作一挙上映!⭐︎

『清原惟監督レトロスペクティブ わたしたちの映画』
会場:SCOOL  

終了しました!⭐︎2017年6月9日⭐︎

Angélica Liddell
¿Que haré yo con esta espada? (And what will I do with this sword?)
SHEROVER HALL, JERUSALEM THEATRE

詳細はこちらをクリック→More Info>


終了しました!主演映画&監督作品上映!⭐︎2017年7月23日⭐︎

松本一哉「落ちる散る満ちる」リリースツアー 横須賀公演

飯島商店⇨iijimashouten.tumblr.com


終了しました!⭐︎2017年7月28日⭐︎

清原惟監督作品『わたしたちの家』上映会
日本キリスト合同教会つるかわ台教会


終了しました!主演映画上映!⭐︎2017年8月⭐︎

映画『OVER, UNDER, AROUND & THROUGH』

パフォーマンス『黒と白と幽霊たち』の2本立て

終了しました!⭐︎4月29日に福岡にて上映!⭐︎

菊沢将憲監督作品「おーい、大石」PFFアワード2016に入選!


◇映画◇

☆オンライン配信中!☆

ぴあフィルムフェスティバル「PFFアワード2015」入選!
『ひとつのバガテル』 監督:清原 惟

◇その他◇

⭐︎2016年11月2日発売⭐︎

「シアターガイド」12月号にアンジェリカ・リデルとの日々についての特集記事を書かせていただきました。


☆2012年11月21日発売☆

空気公団ニューアルバム「夜はそのまなざしの先に流れる」
※出演した7月6日の空気公団ライブから音源収録。
空気公団ニューアルバム「夜はそのまなざしの先に流れる」 予告

☆2012年11月22日発売☆
『野田秀樹 (文藝別冊/KAWADE夢ムック)』野田秀樹さんとの座談会の様子が掲載。

⭐︎Web CM 出演中⭐︎
カツラ型IoTデバイス「ウェアラブル芸人(Wearable Comedian)」

⭐︎出演作予告編⭐︎

Facebookhttps://www.facebook.com/masanori.kikuzawa.9
instagramhttps://www.instagram.com/masanorikikuzawa/

2014年2月26日水曜日

「シラノ・ド・ベルジュラック」朝日新聞劇評

先日公演を終えた九州での舞台「シラノ・ド・ベルジュラック」の劇評が朝日新聞に掲載されました。
物語を含めてとても深く観ていただき、ありがたく思います。

2014年2月24日月曜日

ノゾエ征爾演出「片腕」公演詳細!

4月に出演する「片腕」(原作:川端康成&演出・脚色:ノゾエ征爾)の公演詳細が出ました。
再演の3人芝居ですが、今回は自分以外のキャストは全て変更になっており、まったく別の顔ぶれとなりました。
出演者は菊沢将憲・中川晴樹(ヨーロッパ企画)・陳元元 (Jane Chen)。
最近、ますます多忙を極めるノゾエさん…。
どうなるのか予想もつきませんが、必ず初演をこえた舞台にします。

川端康成三部作を全て楽しめるボリュームたっぷりの企画です。
他2作品とも興味深い出演者と演目なので、ぜひ足をお運び下さい。
http://www.kawabatatrilogy.org/#

「ハロー、スーパーノヴァ」と映画の狂気

池袋の映画館シネマ・ロサにバストリオの主宰である今野裕一郎さんの監督した映画「ハロー、スーパーノヴァ」を見に行きました。 今野さんとは2012年の空気公団LIVE「夜はそのまなざしの先に流れる」に出演したとき以来のお付き合いです。

「ハロー、スーパーノヴァ」、先日見た高橋泉監督の「ある朝スウプは」とはまた別の意味で、映画について、映画における俳優の在り方について、その根底から死ぬほど考えさせられました。
動物・老人・子供・外人・素人と、「演技」をする俳優にとって一番恐ろしい存在を次々同じフレームにこれでもかこれでもかとブチ込んでくる今野裕一郎という監督が心底恐ろしいと感じました。

映画の中では俳優は「演技」をするのではなく、本当に生きて、存在していなくてはならない。
(それは演劇でももちろんそうですが、より切実な映画独特の何か)

ドキュメンタリーを撮り続けてきた監督による演技する俳優へのアンチテーゼのようにも感じられてならなかったです。
演劇における「演技」の裏に流れているある種の「牧歌的なもの」が入り込む隙がないところ。

映画は怖い。
怖すぎる。

狂気の沙汰だ。

池袋シネマ・ロサにて2/28(金)まで連日21:00〜、「ハロー、スーパーノヴァ」他、今野さんの映画を上映しています。 どうぞ足をお運び下さい。

2014年2月23日日曜日

湯島天神の梅まつり


湯島天神の梅まつりへ行きました。
梅はまだ三分咲きといったところでしょうか。
講談や白梅太鼓など出し物も面白かったです。

毎回、行列を横目に眺めていた「らーめん天神下 大喜」に初めて足を運びました。
ここのらーめんは好きです。

ネギと貝割れ大根の歯触り、最初はうすいかなと思わせておいてじわじわとパンチが効いてくる上品な味、食べ終わってしばらくするともう一杯食べたくなります。

純とりそば900円ですが、完全に満足の味でした。

アメ横は人口比50:50の比率で、アジア人含め外国人の方々が買い物とご商売をされています。

どこへ行くのかアメ横。
この混沌具合が最高です。

2014年2月21日金曜日

自主映画の波

映画「水のおと」の脚本を書いています。出演者の意見を参考にしての第二稿です。
宮崎では常に心のどこかにあったので、その言葉たちがパズルのように溶け込んでいきます。
ほとんど台詞がなかった第一稿でしたが、第二稿では登場人物たちが話し始めました。
ジブリのプロデューサーの鈴木敏夫さんの「映画道楽」という本の中でたまたま出会ったある言葉に勇気をもらって、一気に書き進めています。
今回はまったくのオリジナルの脚本なので書き進めながら、脚本を書くことって自分で自分に質問してそれに答えるという作業を物語全体の中でやっていく作業なのかなと感じました。
いったりきたりしながら、登場人物たちがその答えをいろんなところから探して持ってきてくれます。
もちろん見つからないものもたくさんあるけれど。
たまらなく愛おしいものになってきました。けれどクランクインまでまだ時間はあるので、ギリギリまでねばり続けます。脚本・撮影・編集・完成とひとつひとつ段階がありますが、その中での気づきや発見はたまらなく愛しいもの。しっかりと味わい尽くします。
今、自主映画が本当に面白い。見るのも、つくるのも。
大規模な現場では描けない切実なものが手渡しで届けられる自由な場所。
これからすごい自主映画の波がくるような予感がしています。みんなもっと映画を撮ろう!

2014年2月18日火曜日

シェイクスピア生誕450年 あうるすぽっとでフェス

夏に出演するKUNIO11「ハムレット」が豊島新聞の「シェイクスピア生誕450年  あうるすぽっとでフェス」という記事の中で紹介されています。

『参加作品には、老舗劇団から新進気鋭の若手演出家まで、舞台芸術の第一線で活躍するカンパニー・アーティストを多数ラインナップ。シェイクスピア戯曲をテキスト通りに上演する作品にとどまらず、新しい概念で戯曲を見つめ構築し直した作品や、「シェイクスピア」を言葉として捉えたストレートプレイ、ダンス、音楽まで含めた、多彩なアプローチの作品をそろえ、シェイクスピア作品を通してパフォーミングアーツの魅力と醍醐味を紹介する。』

とある通り、面白そうな演目が並んでいます。
このフェスティバル、要チェックです!

2014年2月 - 豊島新聞 ToshimaShinbun

2014年2月17日月曜日

さよならシラノ、さよなら九州

「シラノ・ド・ベルジュラック」無事にすべての公演を終えました。
ご来場いただいた皆様、どうもありがとうございました。

すさまじい舞台でした。
宮崎公演を終え、そこからさらに本音をぶつけ合った怒涛の稽古を乗り越えて、福岡ではまったく違う舞台に生まれ変わっていました。

深く深く、魂を分け合った共演者たちともお別れです。
毎日うんざりするほど顔を付き合わせてきたみんなとも、もう会うことはないのです。

シラノは愛のお話でしたが、描かれているのは別ればかりでした。
「さよなら」を繰り返して、一人一人そこから去っていく。
その別れ際に、愛の姿が見えてくる。
そんなお芝居でした。

九州で大きな愛を経験して、また東京での毎日が始まります。

次は自分自身の監督する映画「水のおと」です。
これも愛です。

どこまで迫っていけるか。
これからです。

2014年2月13日木曜日

シラノ福岡まもなく!

「シラノ・ド・ベルジュラック」福岡公演に向けて、会場での稽古が始まりました。
宮崎と同じ作品なのですが、ほんの数日のうちに別の作品へと進化してきました。

深まってきたようです。

宮崎県立芸術劇場では宮崎公演の舞台写真が額に入れられ壁にかけられ歴史となりましたが、シラノはまだまだ現在進行形です。

あと1日。
やれることは全てやり尽くして本番にのぞみます。

どうぞお楽しみに!

2014年2月12日水曜日

シラノ福岡へ

福岡公演へ向けての宮崎での全ての稽古を終え、シラノメンバーは福岡へと旅立ちます。
昨日の稽古はこれまで以上に熱の入った稽古で、宮崎から福岡への新しい一歩を踏み出しました。

宮崎公演をこえる熱い舞台になります。
どうぞお楽しみに!

2014年2月10日月曜日

シラノ宮崎公演終了!

「シラノ・ド・ベルジュラック」宮崎公演、無事終了しました。
満員御礼、ご来場ありがとうございました。

終演間際、客席を見渡しながら、もうこのお客さんたちに会えないんだと思うと、涙が溢れてくるぐらい切ない気持ちになりました。

それぐらい客席と舞台の呼吸がひとつになっていたのを感じました。
またいつか、舞台で映画でお会いできるのを楽しみにしています。

次は福岡です。
意気込みは充分。
さらに芝居も上がっていきますので、楽しみにしていて下さい。

泣いて笑って、俺たちの愛の物語「シラノ・ド・ベルジュラック」を思いっきり楽しんで下さい。
劇場にて、お待ちしております!

2014年2月8日土曜日

ダブルコールの夜

本番2日目。
ダブルコールいただきました。
ありがとうございます。
明日はさらによい芝居を。
どうぞお楽しみに。

2014年2月7日金曜日

シラノ、宮崎初日!

「シラノ・ド・ベルジュラック」宮崎公演の初日を明けました。
お客さんも九州各地から駆けつけていただき、ありがたい限りです。
初日乾杯もお客さんを交え、楽しい時間を過ごしました。

さあ、宮崎公演はあと2回となりました。
ご来場お待ちしております!

2014年2月6日木曜日

シラノ、明日宮崎初日!

シラノ・ド・ベルジュラック」明日が宮崎の初日となりました。
劇場入りしての稽古が続いております。
舞台セットが初演時より大きく変わったため、芝居の見え方もずいぶん変わるはずです。
どうぞお楽しみに!

2014年2月3日月曜日

もうすぐ選挙

もうすぐ都知事選。
宮崎での家と劇場の往復の毎日では都知事選の「と」の字も情報は入ってきませんが、不在者投票の申し込みをしたので、本番前でうまく時間が取れるか分からないけれど、投票用紙が届きしだいこちらから一票を投じます。

自分で考えて意思表示をした上での結果なら、どうなっても悔いは残らないから。
一人でも多くの人が選挙に足を運ぶことを祈ります。

2014年2月1日土曜日

向日葵咲き乱れ

劇場に向かう道の途中にある小さな公園の花壇に向日葵が咲き乱れています。
確かに毎日暖かいけれど、真冬に向日葵がこれだけ咲き続けているのはすごい。
冬なのにいろんなところにいろんな花が咲いていて、うれしくなります。

うちの花瓶には菜の花とチューリップ。
元気に咲いてます。