Translate

☆出演情報☆

出演した短編映画が完成しました。

“Walker”
Cast / Masanori Kikuzawa Wakako Hashimoto Yuichiro Konno
Music / Ryuichi Sakamoto「walker」「tri」
Camera,Edit,Direction / Yuichiro Konno
視聴はこちらからどうぞ⇨ https://vimeo.com/236178018

⭐︎2017年11月3日12:00〜⭐︎
出演作『わたしたちの家』
東京国際映画祭にて上映決定!
11月3日12:00〜
@ TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
詳細はこちら👉 http://2017.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=357

祝!出演映画が第39回ぴあフィルムフェスティバル

PFFアワード2017グランプリ獲得!

2018年1月13日よりHEADZ配給によりレイトショー公開決定!
『わたしたちの家』

監督:清原惟 [2017年/カラー/80分]
上映の詳細はこちら⇨ faderbyheadz.com/ourhouse.html

舞台出演!⭐︎2017年10月〜12月⭐︎

東京芸術劇場シアターオペラvol.11全国共同制作プロジェクト

プッチーニ/歌劇『トスカ』《新演出》

全3幕 日本語字幕付 イタリア語上演

演出 河瀨直美 指揮:広上淳一
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
10月15日(日)新潟県 りゅーとぴあ
新潟市民芸術文化会館 コンサートホール
10月27日(金)・29日(日)

東京都 東京芸術劇場 コンサートホール
11月8日(水)

石川県 金沢歌劇座
11月12日(日)

富山県 新川文化ホール 大ホール
12月7日(木)

沖縄県 沖縄コンベンションセンター

詳細はこちらから

プッチーニ/歌劇『トスカ』《新演出》   東京芸術劇場


舞台出演!⭐︎2017年12月22日⭐︎
​アンサンブル室町 in 歌舞伎町! ー祝10周年ー
2017年12月22日(金) 開場18:30 開演19:00
会場:新宿FACE http://shinjuku-face.com/
チケット 全席自由(ワンドリンク込み)
一般前売 5,000円 一般当日 5,500円 
学生前売 3,000円 学生当日 3,500円
助成:芸術文化振興基金・野村財団・朝日新聞文化財団
詳細は以下のリンクにてどうぞ。
https://www.ensemblemuromachi.or.jp/2017


舞台出演!⭐︎2018年3月下旬⭐︎

ミクニヤナイハラプロジェクト最新作『曖昧な犬』

作・演出:矢内原美邦

会場:吉祥寺シアター


舞台出演!⭐︎2018年5月26・27日⭐︎

アンジェリカ・リデルの舞台の再演です。

スペイン・マドリードのカナル劇場にて。

ANGÉLICA LIDDELL / ATRA BILIS ⇦こちらをクリック!
¿Qué haré yo con esta espada? (Trilogía del infinito)
26/05/2018 - 27/05/2018
Un enfrentamiento entre la prosa del Estado y el arrebato del Espíritu


⭐︎監督映画2作品動画配信中です!⭐︎

『おーい、大石』

予告編⇨https://www.youtube.com/watch?v=3lSh4puER7E …
購入⇨http://aoyama-theater.jp/feature/pff


『二羽の鳥、徹夜祭。』

予告編→https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=7WyppppBb-8 …



終了しました!⭐︎2017年4月21〜23日⭐︎

Theater LOV第2回公演『ベアトリーチェ・チェンチの肖像』

作:田尾下哲 演出:田尾下哲/田丸一宏

Theater LOV http://www.theaterlov.com


終了しました!⭐︎5月21日東京入谷で上映イベントやります⭐︎

『世界に杭を打つ!上映会 vol.1』

2017年5月21日(日) 会場:SOOO dramatic!(台東区入谷)

オフィシャルサイト⇨http://sekainikuiwo.strikingly.com

上映会ブログ⇨


終了しました!⭐︎2017年6月4日 出演映画3作一挙上映!⭐︎

『清原惟監督レトロスペクティブ わたしたちの映画』
会場:SCOOL  

終了しました!⭐︎2017年6月9日⭐︎

Angélica Liddell
¿Que haré yo con esta espada? (And what will I do with this sword?)
SHEROVER HALL, JERUSALEM THEATRE

詳細はこちらをクリック→More Info>


終了しました!主演映画&監督作品上映!⭐︎2017年7月23日⭐︎

松本一哉「落ちる散る満ちる」リリースツアー 横須賀公演

飯島商店⇨iijimashouten.tumblr.com


終了しました!⭐︎2017年7月28日⭐︎

清原惟監督作品『わたしたちの家』上映会
日本キリスト合同教会つるかわ台教会


終了しました!主演映画上映!⭐︎2017年8月⭐︎

映画『OVER, UNDER, AROUND & THROUGH』

パフォーマンス『黒と白と幽霊たち』の2本立て

終了しました!⭐︎4月29日に福岡にて上映!⭐︎

菊沢将憲監督作品「おーい、大石」PFFアワード2016に入選!


◇映画◇

☆オンライン配信中!☆

ぴあフィルムフェスティバル「PFFアワード2015」入選!
『ひとつのバガテル』 監督:清原 惟

◇その他◇

⭐︎2016年11月2日発売⭐︎

「シアターガイド」12月号にアンジェリカ・リデルとの日々についての特集記事を書かせていただきました。


☆2012年11月21日発売☆

空気公団ニューアルバム「夜はそのまなざしの先に流れる」
※出演した7月6日の空気公団ライブから音源収録。
空気公団ニューアルバム「夜はそのまなざしの先に流れる」 予告

☆2012年11月22日発売☆
『野田秀樹 (文藝別冊/KAWADE夢ムック)』野田秀樹さんとの座談会の様子が掲載。

⭐︎Web CM 出演中⭐︎
カツラ型IoTデバイス「ウェアラブル芸人(Wearable Comedian)」

⭐︎出演作予告編⭐︎

Facebookhttps://www.facebook.com/masanori.kikuzawa.9
instagramhttps://www.instagram.com/masanorikikuzawa/

2013年10月31日木曜日

池袋西口公園古本市

めっちゃ天気のいい芸劇前西口公園、今日もまだやっていました古本市。
今日が最終日、すべりこめてラッキーです。

一冊買っちゃいました。
唐十郎「わが青春浮浪伝」

まずタイトル、朱のカバー、渋過ぎるデザインに惹かれ一目惚れ。
惚れたら買わなきゃ男じゃない。
ということで、また読書の楽しみ。

NODA・MAP「MIWA」撮影日

昨日は場内にカメラが設置され舞台の撮影でした。
いつもとは違う緊張感が走ります。
今週は七日間連続の九回公演。
一週間ずっと演じっぱなし。
最高です。

2013年10月28日月曜日

石川寛監督×黒沢清監督

神田で開催されている「TRANS ART TOKYO 2013」の中のイベントのひとつ、石川寛監督×黒沢清監督のトークイベントを見に行きました。

写真のような取り壊し中の廃墟、その地下のガランとした空洞が会場です。
所々水が滴り、ひんやりとした廃墟独特のあの空気。

タイトルは『いま、ここにある「東京」〜東京はいかに描かれるか』。

黒沢監督のファンである石川監督が黒沢監督を招いて、『tokyo.sora』と『トウキョウソナタ』、東京をテーマにしたお互いの映画を軸に濃いトークを展開。

作品について互いに質問し合うときに必ず一番に聞くのが、脚本や演技ではなく場所、「あのシーンのあの場所はどこなのか」に互いに一番関心を持っているところが面白いと感じました。

もちろん俳優の演技について、脚本について、映画についてもたっぷりと語っていただき、質問にも本当にていねいに答えていただいて、特に黒沢映画、中でもトウキョウソナタはかなり好きな作品だったので、いろんな裏話も聞けて面白かったです。

日本を代表する映画監督のトークを20人くらいの少人数で、間近で聞けたのは大きな財産。
なんでこんなに人がいないんだろうと心底驚きましたが…。
この内容で400円ですよ。

これからお二人の話に出てきた映画も見ていこうと思います。最近は映画が面白くて、来年はもう少し映画の仕事も増やそうと考えていたので、とても大きな刺激になりました。

出演はもちろん、ホンを書くこと、撮ることにも力を入れていい映画をつくること。
映画に関わるときの密度をもっともっと濃いものにして強度のある映画をつくること。
これから楽しみです。

石川監督、黒沢監督、ありがとうございました。

2013年10月26日土曜日

飯田春子監督「暁の石」再上映!


先日上映された出演作『暁の石』が好評につき再上映されます。
今度は青山、いろんな大学の自主映画が集結します。
見逃した方、もう一度観たい方、注目です。
ちょっとずれてる現実、その不思議な感覚をお楽しみ下さい。

飯田春子監督作品「暁の石」上映
(青山自主映画研究会 上映会2013 内)

日時:11/2 12:00頃 
       11/3 10:30頃

場所:青山学院大学 青山キャンパス(東京都渋谷区渋谷4-4-25) 
   17号館(新校舎) 3F 17310教室
   
青山自主映画研究会上映会2013 hp:
https://sites.google.com/site/aoyamaeigakenkyu2013/

2013年10月25日金曜日

アジア舞台芸術祭2011アーカイブ映像

以前参加したアジア舞台芸術祭2011のアーカイブ映像に、出演した江本純子さん作・演出の水上劇「カナブン」の映像が集録されています。
下のMOVIEをクリックした先のリンクで、もう一度MOVIEをクリックして下さい。
アジア舞台芸術祭2013も本日より開催です。
11月4日にはNODA・MAP「MIWA」が上演されている東京芸術劇場プレイハウスの真下、シアターイーストにて矢内原美邦さんの「全事経験恋歌(ゼンジ・ケイケン・エレジー)」も上演されます。

タイトルがいかしてますね。
ぜひ、足をお運び下さい。


アジア舞台芸術祭 2011

2010
2010年の国際共同制作ワークショップの成果が高く評価されたため、この中で作られた10分間の小作品=<種芋>のうち3作品を、ソウル、台北、東京の各都市がそれぞれ1作品ずつ、フルバージョンの作品として新たにクリエーションし、「国際共同クリエーション公演」として上演しました。また、東京で開催した「国際共同制作ワークショップEXT」では、ハノイと東京のアーティストが2チームに分かれて「家族」というテーマで新たな小作品の創作をおこないました。

2013年10月24日木曜日

浙江京劇団『オイディプス王』



新国立劇場にて第20回BeSeTo演劇祭の演目、浙江京劇団の京劇『オイディプス王』(原作:ソフォクレス 演出:翁国生)を観劇しました。
素晴らしく面白かったです。
奥にひとつ高い段があるだけの黒一色の素舞台、字幕もあまりうまくいっていない京劇団のギリシア悲劇ですが、今まで観たどのオイディプス王よりもからだに入ってきました。
うたうこと、おどること、えんじることが渾然一体とした、俳優のありかた。
言葉ではうまく言い表せないのですが、強い共感を覚えます。
もともと「ここはこうだから、こうなのだ」という心理的な決めつけに自分を当てはめることだけで演技をするのがとても苦手なので、こうして高い身体能力を駆使してうたい、おどり、お客様を楽しませる中にお芝居を浮かび上がらせる様を観ていると、うれしくなります。
大昔のギリシア悲劇も、こうした俳優たちによって演じられていたのだろうな。
俳優は神々を表現できる能力を持った、神に一番近い存在だった。

2013年10月23日水曜日

芸術劇場前にて古本市開催

芸術劇場前、西口公園にて古本市が開催されてます。

昨日の準備の時から楽しみにしていたので、ノダマップ「MIWA」の終演後、さっそく足を運んでみました。

高いものも安いものも、いい本が揃ってますよ。

特に芝居関係が充実していますので、「MIWA」を観終わったあと、足を運んでみてはいかがでしょうか。

今週いっぱいやる予定だそうですが、台風が来るとみんな撤収するみたいなので、雨降るな台風来るなと祈ります。

まだ見てない本が山ほどあるから…。

今日手に入れたもの
寺山修司「地球をしばらく止めてくれ ぼくはゆっくり映画を観たい」
サム・シェパード「モーテル・クロニクルズ」

また明日も行こ。

2013年10月21日月曜日

ボリス・ヴィアン「帝国の建設者」舞台映像


今年6月に出演したアンサンブル室町、ボリス・ヴィアン作・石丸さち子演出の「帝国の建設者」の動画がアップされました。

舞台化するのが難しい戯曲との評判でしたが、まさにその通り。
無我夢中で駆け抜けた大変な舞台でしたが、本当に素晴らしい経験でした。

アンサンブル室町の次回公演「東方綺譚」は10月26日です。
http://ensemblemuromachi.blog116.fc2.com/

2013年10月19日土曜日

武蔵野美術大学へ




出演した映画「暁の石」を見に武蔵野美術大学へ。
栗林や畑、野菜の無人販売など楽しみながら、ちょっと不安になるくらいの距離を歩いて、やっとたどり着きました。



映画、面白かったです。展示も。時間があれば全部見て回りたかったです。
映画はやっぱり面白い。
最近は映画を撮りたいという気持ちも沸々とわいてきています。

武蔵野美術大学映像学科進級制作展2013 http://shinkyu2013.web.fc2.com/

2013年10月18日金曜日

飯田春子監督「暁の石」上映会


飯田春子監督の「暁の石」本日からは予定通りの上映となっております。
ご来場をお待ちしております!

飯田春子監督「暁の石」上映
(武蔵野美術大学映像学科進級制作展2013内)

日時:10/17 12:30
      10/18 10:35 /14:40
        10/19 12:30

上映時間:30分


入場無料

場所:武蔵野美術大学12号館ビデオアトリエ

武蔵野美術大学鷹の台キャンパス
東京都小平市小川町1-736

アクセス
1.
西武国分寺線鷹の台駅下車徒歩約20分
2.西武バス「武蔵野美術大学」停留所下車すぐ
 JR中央線「国分寺」駅北口徒歩3分、「国分寺駅北入口」停留所より
「武蔵野美術大学」行 または「小平営業所」行に乗車(バス所要時間:約20分)

武蔵野美術大学映像学科進級制作展2013 
http://shinkyu2013.web.fc2.com/

2013年10月16日水曜日

飯田春子監督「暁の石」上映延期です。

明日からの予定だった飯田春子監督「暁の石」の上映は台風による講評の延期によりスケジュールが変更となりました。
明日、ご来場を予定していたみなさん、申し訳ありませんが、まだスケジュールが決まっておりませんので、またの日にお願いいたします。

秋ミョウガ収穫!

台風の中、ミョウガを収穫です。
春に植えて秋にはしっかり収穫、花が咲いていたので気付くことができました。
すごくいい香り。
今夜、味噌汁でいただきます!

2013年10月14日月曜日

NODA・MAP「MIWA」チラシラック


NODA・MAP「MIWA」劇場に入ってロビーの右手、カフェコーナーの手前にあるチラシラックに次回出演作「シラノ・ド・ベルジュラック」のチラシを設置しています。
宮崎・福岡での舞台なのですが、あの名作古典劇、好評のための再演となっております。
もし同じ時期に九州にいらっしゃることがあれば、ぜひ足をお運び下さい。
チラシもぜひ、お手に取って下さいませ!

よだまりえ「私の家」from『それぞれの点について』 [Full ver.]

出演した映画「暁の石」のユニット監督「飯田春子」の惟ちゃん製作のPVです。
いろんな色の女の子の後ろ姿がよかった。
「暁の石」もまもなく上映されます。

飯田春子監督「暁の石」上映
(武蔵野美術大学映像学科進級制作展2013内)

日時:10/17 12:30
      10/18 10:35 /14:40
        10/19 12:30

上映時間:30分

場所:武蔵野美術大学12号館ビデオアトリエ

武蔵野美術大学鷹の台キャンパス
東京都小平市小川町1-736

アクセス
・西武国分寺線鷹の台駅下車徒歩約20分
・西武バス「武蔵野美術大学」停留所下車すぐ
・JR中央線
「国分寺」駅北口徒歩3分、「国分寺駅北入口」停留所より
「武蔵野美術大学」行 または「小平営業所」行に乗車(バス所要時間:約20分)

武蔵野美術大学映像学科進級制作展2013 
http://shinkyu2013.web.fc2.com/



2013年10月12日土曜日

鳥の声
























鳥の巣箱を製作し、庭の樹に取り付けました。秋に巣箱を取り付けると、鳥たちが偵察にやってきて、気に入れば巣にして使ってくれるそうです。
毎朝聴こえる鳥の声が楽しみ。
都内でもかなりの数の野鳥がいるのだなあと、鳴き声を聴きながら思います。

2013年10月11日金曜日

飯田春子監督「暁の石」上映日時決定!



出演作、飯田春子監督の映画「暁の石」のタイムテーブルが決定しました。
女の子二人組の面白いユニット監督です。
どうぞ足をお運び下さい。

飯田春子監督「暁の石」上映
(武蔵野美術大学映像学科進級制作展2013内)

日時: 10/17   12:30
         10/18   10:35 /14:40     
         10/19   12:30

上映時間:30分

場所:武蔵野美術大学12号館ビデオアトリエ


武蔵野美術大学鷹の台キャンパス
東京都小平市小川町1-736

アクセス
・西武国分寺線鷹の台駅下車徒歩約20分
・西武バス「武蔵野美術大学」停留所下車すぐ
・JR中央線
「国分寺」駅北口徒歩3分、「国分寺駅北入口」停留所より
「武蔵野美術大学」行 または「小平営業所」行に乗車(バス所要時間:約20分)

武蔵野美術大学映像学科進級制作展2013    http://shinkyu2013.web.fc2.com/


2013年10月10日木曜日

大好きな庭

チューリップ、クロッカスの球根を植えました。
夏の庭は蚊が多くて、なかなか長時間立ち入ることができなかったので、ほったらかしになっていたのですが、最近やっと手をつけることができるようになってきました。
伸びた雑草を短く刈り、終わった植物のプランターの土を耕して新しい種や球根を植え、掃除をして、少しずつ心地よい状態に近づけています。
今年は、桑の木に実がなって鳥たちが遊びに来てくれたお陰か、夜盗虫という夜行性のしぶとい虫も出てきませんでした。
今年の冬は鳥の巣箱を用意してみるつもりです。
バッタはたくさん出て大葉を丸裸にしてくれましたが、最近二匹それぞれの場所にいて縄張りをまもっているカマキリの大事な餌になってくれています。
今日はまるまる太った大きなカマキリが袖のあたりにくっついてきてたので、元の場所に戻してあげました。
トマトとキュウリは実のつきがよくありませんでしたが、ししとうは今もじゃんじゃん実をつけてくれています。
チューリップの球根は三年選手。
たくさん増え過ぎて、大きな鉢やプランターを三つも占領してしまいました。
そうそう今年は同じく三年目の金木犀が初めて花を咲かせました。
あのおなじみの香りも格別です。
ひとつとして同じことが起こらないこの庭が、何よりも大好きです。
目標はターシャ・テューダーの庭なのですが、やはり日本の自然なので、この場所に相応しい美しく面白い庭に仕上げていこうと考えています。

2013年10月9日水曜日

NODA・MAP「MIWA」音楽

NODA・MAP「MIWA」、開場時に流れている音楽にも注目してみて下さい。
そこからもう芝居が始まっています。
何故、この音楽なのか。
何故、このミュージシャンなのか。
考えてみるところから、もう芝居がふくらんできます。

前作「エッグ」では音楽を担当していた椎名林檎さんがマチネとソワレで別々の音楽を選曲してくれていました。

裏で待機しながら同じ音楽の中で、役者も気持ちをたかめています。
どうぞ一緒に、楽しんで下さい。

2013年10月8日火曜日

NODA・MAP「MIWA」当日券・お立ち見券情報


NODA・MAP「MIWA」東京公演では全日程当日券・お立ち見券が販売されています。
お立ち見券は意外に知られていませんが、3500円です。
3500円といえば、ちょっとした小劇場の値段と変わりません。
二時間程の舞台ですので、そこそこ体力があれば、立ち見でも充分楽しめます。
お金はないけど一度は観たいという方、一回では分からなかったのでもう一回、いや何回も観たいという方、おすすめですよ。
芸劇のプレイハウスは大きさもちょうどいいサイズで、もちろん野田さんもどの場所からもなるべく見切れがないように演出しています。
楽していいお席を手に入れたいお客様は、もちろんプレミアがついて高騰しているチケットを手に入れていただいていいと思いますが、それしかMIWAを観る方法がないと思ってしまっているお客様、そんなことはありませんよ。
並ぶ時間と、立って観る体力があれば、3500円で立ち見が出来ます。
※ただしお立ち見券は当日券のS席販売終了後の販売になりますのでご注意を!

NODA・MAP「MIWA」当日券の詳しい情報はこちらでどうぞ。
http://www.nodamap.com/miwa/main.html#news

2013年10月7日月曜日

飯田春子監督最新作「暁の石」公開

先日出演した飯田春子監督の映画「暁の石」の上映会のお知らせです。
主人公の佳子の父親役で出演しています。
時間など詳細は決まりしだいお伝えします。

飯田春子監督「暁の石」上映
(武蔵野美術大学映像学科3年進級制作展2013 内)
日にち:10/17~19 
場所:武蔵野美術大学 12号館 ビデオアトリエ

2013年10月6日日曜日

NODA・MAP「MIWA」公開舞台稽古 動画


現在、出演中のNODA・MAP第18回公演「MIWA」の公開舞台稽古の動画です。
当日券は毎日出ております。ぜひご来場下さい。

2013年10月5日土曜日

NODA・MAP「MIWA」舞台写真掲載

NODA・MAP「MIWA」ついに初日を迎えました。
熱狂的な初日を終え、今日は本来の落ち着きを持ったマチソワ二回公演でした。
さっそく公開舞台稽古の様子がシアターガイドのサイトで紹介されています。

演じているアメリカヘーイの舞台写真も掲載されています。
菊沢は中央のアメリカヘーイです。
ぜひ、ご覧下さい。

NODA・MAP『MIWA』 - 画像02
http://www.theaterguide.co.jp/photos/2013/10/04_13.php
野田秀樹が描く美輪明宏物語 宮沢りえ主演、NODA・MAP『MIWA』が開幕