Translate

☆出演情報☆

⭐︎監督映画2作品動画配信中です!⭐︎

『おーい、大石』

予告編⇨https://www.youtube.com/watch?v=3lSh4puER7E …
購入⇨http://aoyama-theater.jp/feature/pff


『二羽の鳥、徹夜祭。』

予告編→https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=7WyppppBb-8 …


NEW!⭐︎2017年9月16日〜29日⭐︎
出演映画『わたしたちの家』PFFアワード2017入選!
「第39回PFF」9月16日(土)~29日(金) 
@東京国立近代美術館フィルムセンター(京橋) *月曜休館

主演映画の上映です!⭐︎2017年8月⭐︎

映画『OVER, UNDER, AROUND & THROUGH』

パフォーマンス『黒と白と幽霊たち』の2本立て

8/10 長野 かんてんぐら  8/12 金沢 金沢アートグミ 
8/13 大阪 Flag studio  8/15 東京 BUoY北千住アートセンター
予約はバストリオウェブサイトにて!

http://busstrio.com


終了しました!⭐︎2017年4月21〜23日⭐︎

Theater LOV第2回公演『ベアトリーチェ・チェンチの肖像』

作:田尾下哲 演出:田尾下哲/田丸一宏

Theater LOV http://www.theaterlov.com


終了しました!⭐︎5月21日東京入谷で上映イベントやります⭐︎

『世界に杭を打つ!上映会 vol.1』

2017年5月21日(日) 会場:SOOO dramatic!(台東区入谷)

オフィシャルサイト⇨http://sekainikuiwo.strikingly.com

上映会ブログ⇨


終了しました!⭐︎2017年6月4日 出演映画3作一挙上映!⭐︎

『清原惟監督レトロスペクティブ わたしたちの映画』
会場:SCOOL  

終了しました!⭐︎2017年6月9日⭐︎

Angélica Liddell
¿Que haré yo con esta espada? (And what will I do with this sword?)
SHEROVER HALL, JERUSALEM THEATRE

詳細はこちらをクリック→More Info>


終了しました!主演映画&監督作品上映!⭐︎2017年7月23日⭐︎

松本一哉「落ちる散る満ちる」リリースツアー 横須賀公演

飯島商店⇨iijimashouten.tumblr.com


終了しました!⭐︎2017年7月28日⭐︎

清原惟監督作品『わたしたちの家』上映会
@日本キリスト合同教会つるかわ台教会


終了しました!⭐︎4月29日に福岡にて上映!⭐︎

菊沢将憲監督作品「おーい、大石」PFFアワード2016に入選!


◇映画◇

☆オンライン配信中!☆

ぴあフィルムフェスティバル「PFFアワード2015」入選!
『ひとつのバガテル』 監督:清原 惟

◇その他◇

⭐︎2016年11月2日発売⭐︎

「シアターガイド」12月号にアンジェリカ・リデルとの日々についての特集記事を書かせていただきました。


☆2012年11月21日発売☆

空気公団ニューアルバム「夜はそのまなざしの先に流れる」
※出演した7月6日の空気公団ライブから音源収録。
空気公団ニューアルバム「夜はそのまなざしの先に流れる」 予告

☆2012年11月22日発売☆
『野田秀樹 (文藝別冊/KAWADE夢ムック)』野田秀樹さんとの座談会の様子が掲載。

⭐︎Web CM 出演中⭐︎
カツラ型IoTデバイス「ウェアラブル芸人(Wearable Comedian)」

⭐︎出演作予告編⭐︎

Facebookhttps://www.facebook.com/masanori.kikuzawa.9
instagramhttps://www.instagram.com/masanorikikuzawa/

2013年6月27日木曜日

バストリオ新作「グッドバイ」

昨年、空気公団のLIVEでご一緒させていただいたバストリオの新作「グッドバイ」が7月3〜6日、清澄白川のSNACにて上演されます。

バストリオには独特の空気感があり、オリジナルなものを感じます。
ぜひ足をお運び下さい。

見に行く予定ですが、とても楽しみです!

『グッドバイ』特設サイト ⇦クリック

2013年6月26日水曜日

映画、東奔西走、紫陽花。

映画のオーディションにて東奔西走、面白い人たちと次々出会ってきました。
面談やエチュードなど様々でとても楽しかったです。
出演につながるいい出会いになるといいな。

紫陽花を手入れのために伐っていたおじさんに頼んで、伐った紫陽花をたくさんもらって帰ったので、花瓶では紫陽花が満開です。

2013年6月24日月曜日

あれやこれやハッピーバースデー

本日「my empire」稽古。

「マクベス」を読み、あれやこれや試す。

20分とはいえ、やるからには全力を尽くして傑作を。

本日、冨士山アネットの我らが長谷川寧さんの誕生日。

稽古後、二人で何だかワインをガブガブ飲む。

不思議な時間。
ハッピーバースデー!

選挙

初めて自分が投票した人が当選するという奇跡が起こった。
おかしな政治を何とかしたいと思う人が自分以外にもたくさんいたということだ。
「おかしな政治」の価値観にもいろいろあるとは思うけれども。
民主主義の風を少し感じた。

2013年6月22日土曜日

岡崎京子とボリス・ヴィアン

千駄木にあるお気に入りの古本屋さんにて岡崎京子さんの漫画を二冊手に入れる。
「エンド・オブ・ザ・ワールド」と「ヘテロセクシャル」。
とても読みたかった短編集二冊。
すごくいいなー。
ボリス・ヴィアンの小説にも再びはまっていて、短編集「人狼」、これもすごくいい。
岡崎京子さんとボリス・ヴィアンは、ユーモア・暴力・詩情・遊び・イメージなどなどいろんな点で共通点があって面白い。
だからあの「うたかたの日々」という名作が生まれたんだろうな。
二人とも、めちゃかっこいい!

2013年6月18日火曜日

マクベス

8月の舞台「my empire」の原作となるシェイクスピアの「マクベス」を読む。

気になるところがたくさんあった。

訳者である松岡和子さんの解釈も面白くて、作品にうまく取り入れたいなと思う。

「my empire」は20分の小品なのだけれど、原作の旨味をしっかり凝縮してダイヤモンドみたいな硬度のある舞台にしたい。

エンパイアと言えば、デヴィッド・リンチ監督の最高傑作「インランド エンパイア」。

大好きな映画。
ああいう雰囲気もいいな。

いろんなアイデアと想いがゆっくりと発酵し始めています。

2013年6月17日月曜日

my empire

快晴。

本日は8月の出演作「my empire」の顔合わせ&初稽古でした。
朝から3人で集まってやりたいことをいろいろ話しました。

20分という短い時間の中にたくさんのアイデアを詰め込んで、
一瞬たりと目の話せないものにします。

チケット発売されました!
 
どうぞお楽しみに!
 

2013年6月15日土曜日

飯田春子の映画上映会

以前出演した飯田春子監督の映画「ムーンドーン」上映会が明日開催!
お時間ありましたらぜひ足をお運び下さい。

飯田春子の映画上映会
日時:6/16(日)18:00開場18:30上映
軽食付500円
場所:LARUNA(最寄:代々木上原駅)

住所:東京都渋谷区上原2-31-3

HP: http://laruna.org/

電車:
●代々木上原駅より徒歩8分
●東北沢駅より徒歩7分
●駒場東大前駅より徒歩9分
●池ノ上駅より徒歩11分

バス:
JR渋谷駅発
●東急バス(乗り場18番):幡ヶ谷線「渋55」発=代々木上原下車 徒歩5秒
●ハチ公バス発= 上原二丁目南 徒歩5秒


こちらから飯田春子監督の以前の作品「in out」を見ることができます!
http://vimeo.com/harukoiida


2013年6月14日金曜日

うたかたの日々

打ち合わせで上野へ。
やっぱり東京はこっち側が好き。
いい感じにくたびれてて、渋谷や新宿とは違う意味でゴチャゴチャしていて、色んな人がいて。

古本屋さんで岡崎京子さんの漫画「うたかたの日々」を手に入れる。
先日の舞台「帝国の建設者」の作者であるボリス・ヴィアンの小説が原作。
肺に睡蓮が咲いて死んじゃう女の子の悲しい恋の物語。

すごい完成度。

彼女の小説読んで、ボリス・ヴィアンと似てる何かを感じていたから、やっぱり相性がいいんだ。


不忍池には睡蓮がいっぱい。
青々としています。

猫の夫婦がやってきて池の端でゴロリ。

気持ちのよい夕暮れ。
舞台のつかれも少しずつ抜けていくようです。

2013年6月13日木曜日

野田地図「MIWA」に出演します。

秋から始まる野田地図「MIWA」にアンサンブルキャストとして出演します。
「ザ・キャラクター」「南へ」「エッグ」に続いて4作目となります。
野田さんとは多摩美術大学の「半神」の初演・再演でもご一緒したので、6作目。
本当にお世話になっております。
今回なんと5月にコロブチカで共演した六ちゃんがオーディションに受かって再び共演です。
ツアーに出るので、故郷の九州にも帰れます!
みんなに会えるのが楽しみです。

アンサンブルキャスト発表についてはこちら
http://www.nodamap.com/site/news/284

冨士山アネット新作「my empire」に出演します!

夏に大阪で開催される「TACT/FEST 2013」に参加する冨士山アネットの新作「my empire」に出演が決定しました。
長谷川寧さんの作品には2011年のドイツ戯曲リーディング公演に引き続き二度目の参加です。
関西圏のみなさんに会えるうれしい機会が出来ました!
どうぞお楽しみに!

2013/8/2-4
TACT/FEST2013 [拡張演劇]参加作品
冨士山アネット新作短編
[my empire]
at 大阪/ロクソドンタブラック(
http://www.officephi.com/loxo.html)
構成・演出・振付 長谷川寧
出演/菊沢将憲 後藤海春 長谷川寧
協力/公益財団法人セゾン文化財団

「きれいは、きたない。きたないは、きれい。」
ひかりと、かげと、わたし、で、
しんでしまった、しににゆく、しなせてしまう、
あのひとへ。

今夏9月の関西公演を前に上演する
冨士山アネットの新作短編は、「マクベス」がモチーフ。
9月公演の原作「ヴォイツェク」と同様に、
とある殺人を冒したひとりの男の「死」を巡るあれやこれやを、
「ダンス的演劇(テアタータンツ)」をもって描きます。



[拡張演劇]
※参加アーティスト:危口統之(悪魔のしるし)、ホナガヨウコ企画、ロロ、範宙遊泳、冨士山アネット、モモンガ・コンプレックス

ジャンルを横断するかのような発想力のもとに独自の作品世界を形成しているカンパニーによるショーケース型上演。Theatre for Childrenの創作の難しさの先にある表現の可能性は無限大です。
それは観劇経験の少ないこどもたち、つまりそれだけ演劇に対して先入観の少ない観客の心を掴もうとして、ドラマ、ダンス、音楽、マイム、映像などを自由に使って絶えず工夫を凝らすからです。
今の日本児童演劇の枠組みを拡張するためのプログラムとして東京圏で活躍するアーティストに創作してもらいます。
テーマはただひとつ『あなたのTheatre for Children』。
質の高いTheatre for Childrenのパノラマワールドが広がります。

http://www.tact-japan.net/program/kakucyouengeki.html


[日時]拡張演劇2  8月2日(金)20:30
          8月3日(土)11:00/15:00/19:00
          8月4日(日)13:00/17:00/21:00

※チケット一枚での観劇は3団体です。
※冨士山アネットは拡張演劇2として、範宙遊泳、モモンガ・コンプレックスとの上演となります。

[料金]おとな2800円※おとな1枚につき、こども2枚無料
[上演時間]60分
[対象年齢]4才以上

「帝国の建設者」終了!

アンサンブル室町「帝国の建設者」ご来場ありがとうございました!
1日2回の公演で終了してしまいましたが、幅広い方々に見ていただき本当に幸せでした。
大好きなボリス・ヴィアンの遺作を演じることができて、得るものは大きかったです。

今年は8月に大阪で一本、そして秋から冬にかけてノダマップ「MIWA」へのアンサンブルキャストでの出演が決まっております。

情報はこれからどんどん発表させていただきますので、ぜひまた足をお運び下さい。
どうもありがとうございました!

2013年6月10日月曜日

さよなら水天宮ピット

本日まで5日間、固定稽古場としてお世話になった水天宮ピットとも今日でお別れ。

よい稽古をさせていただきました。
ありがとうございました。

明日から劇場入り。
ここまできたらもう、目の前のひとつひとつを大切に大切にやっていくだけです。

2013年6月9日日曜日

オーケストラ

本日も東京芸大にてオーケストラと合わせて稽古です。
やはり生音はいいですね。
とても静かでいい環境です。

もうすぐです。

「帝国の建設者」本番近づいてまいりました!

今日は上野の東京芸大にて演奏のみなさんと合わせての稽古。
やっぱり生音は違います。
音に刺激をもらって、芝居も変わります。

さあ、あと数日。

もし当日、突然お越しになるお客様いましたら、受付に前売チケットを預けておりますので、「菊沢の知り合いで」とお伝え下さい。

前売料金でご入場できます。
劇場にて、お待ちしております!

2013年6月3日月曜日

今あなたに知ってもらいたいこと

オノ・ヨーコさんの著書「今あなたに知ってもらいたいこと」を読んでいます。
以前にも一度読んでいたのですが、今読むと本当にしみじみと心に沁みます。
自分がどんな場所で生活し、ものをつくって生きていきたいのか。

愛・平和・優しさ・豊かさ・美しさ…。
緊張を強いるのではなく、緊張から解放してあげること。

ありふれていて、分かりきっていて、一番簡単なことのように思えるのに、いつも後回しにされ、忘れがちになってしまうこと。

でもそれが一番大切なこと。

右も左も火の海、その真っ赤な空の中、はるか遠くに見える一点の青い空…。
その青い空を信じて、歩いていくこと。

信じるもの、感じること、どんな環境が自分に適しているのか、愛は、平和は、優しさは、豊かさは、美しさは、涙が溢れてくるような瑞々しさはそこにあるのか、もしそこになければ自分はどうするのか。

もっともっと敏感に感じ、考えながら進んでいこう。

敏感に、敏感に。
慎重に、慎重に。