Translate

☆出演情報☆

出演した短編映画が完成しました。

“Walker”
Cast / Masanori Kikuzawa Wakako Hashimoto Yuichiro Konno
Music / Ryuichi Sakamoto「walker」「tri」
Camera,Edit,Direction / Yuichiro Konno
視聴はこちらからどうぞ⇨ https://vimeo.com/236178018

⭐︎2017年11月3日12:00〜⭐︎
出演作『わたしたちの家』
東京国際映画祭にて上映決定!
11月3日12:00〜
@ TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
詳細はこちら👉 http://2017.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=357

祝!出演映画が第39回ぴあフィルムフェスティバル

PFFアワード2017グランプリ獲得!

2018年1月13日よりHEADZ配給によりレイトショー公開決定!
『わたしたちの家』

監督:清原惟 [2017年/カラー/80分]
上映の詳細はこちら⇨ faderbyheadz.com/ourhouse.html

舞台出演!⭐︎2017年10月〜12月⭐︎

東京芸術劇場シアターオペラvol.11全国共同制作プロジェクト

プッチーニ/歌劇『トスカ』《新演出》

全3幕 日本語字幕付 イタリア語上演

演出 河瀨直美 指揮:広上淳一
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
10月15日(日)新潟県 りゅーとぴあ
新潟市民芸術文化会館 コンサートホール
10月27日(金)・29日(日)

東京都 東京芸術劇場 コンサートホール
11月8日(水)

石川県 金沢歌劇座
11月12日(日)

富山県 新川文化ホール 大ホール
12月7日(木)

沖縄県 沖縄コンベンションセンター

詳細はこちらから

プッチーニ/歌劇『トスカ』《新演出》   東京芸術劇場


舞台出演!⭐︎2017年12月22日⭐︎
​アンサンブル室町 in 歌舞伎町! ー祝10周年ー
2017年12月22日(金) 開場18:30 開演19:00
会場:新宿FACE http://shinjuku-face.com/
チケット 全席自由(ワンドリンク込み)
一般前売 5,000円 一般当日 5,500円 
学生前売 3,000円 学生当日 3,500円
助成:芸術文化振興基金・野村財団・朝日新聞文化財団
詳細は以下のリンクにてどうぞ。
https://www.ensemblemuromachi.or.jp/2017


舞台出演!⭐︎2018年3月下旬⭐︎

ミクニヤナイハラプロジェクト最新作『曖昧な犬』

作・演出:矢内原美邦

会場:吉祥寺シアター


舞台出演!⭐︎2018年5月26・27日⭐︎

アンジェリカ・リデルの舞台の再演です。

スペイン・マドリードのカナル劇場にて。

ANGÉLICA LIDDELL / ATRA BILIS ⇦こちらをクリック!
¿Qué haré yo con esta espada? (Trilogía del infinito)
26/05/2018 - 27/05/2018
Un enfrentamiento entre la prosa del Estado y el arrebato del Espíritu


⭐︎監督映画2作品動画配信中です!⭐︎

『おーい、大石』

予告編⇨https://www.youtube.com/watch?v=3lSh4puER7E …
購入⇨http://aoyama-theater.jp/feature/pff


『二羽の鳥、徹夜祭。』

予告編→https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=7WyppppBb-8 …



終了しました!⭐︎2017年4月21〜23日⭐︎

Theater LOV第2回公演『ベアトリーチェ・チェンチの肖像』

作:田尾下哲 演出:田尾下哲/田丸一宏

Theater LOV http://www.theaterlov.com


終了しました!⭐︎5月21日東京入谷で上映イベントやります⭐︎

『世界に杭を打つ!上映会 vol.1』

2017年5月21日(日) 会場:SOOO dramatic!(台東区入谷)

オフィシャルサイト⇨http://sekainikuiwo.strikingly.com

上映会ブログ⇨


終了しました!⭐︎2017年6月4日 出演映画3作一挙上映!⭐︎

『清原惟監督レトロスペクティブ わたしたちの映画』
会場:SCOOL  

終了しました!⭐︎2017年6月9日⭐︎

Angélica Liddell
¿Que haré yo con esta espada? (And what will I do with this sword?)
SHEROVER HALL, JERUSALEM THEATRE

詳細はこちらをクリック→More Info>


終了しました!主演映画&監督作品上映!⭐︎2017年7月23日⭐︎

松本一哉「落ちる散る満ちる」リリースツアー 横須賀公演

飯島商店⇨iijimashouten.tumblr.com


終了しました!⭐︎2017年7月28日⭐︎

清原惟監督作品『わたしたちの家』上映会
日本キリスト合同教会つるかわ台教会


終了しました!主演映画上映!⭐︎2017年8月⭐︎

映画『OVER, UNDER, AROUND & THROUGH』

パフォーマンス『黒と白と幽霊たち』の2本立て

終了しました!⭐︎4月29日に福岡にて上映!⭐︎

菊沢将憲監督作品「おーい、大石」PFFアワード2016に入選!


◇映画◇

☆オンライン配信中!☆

ぴあフィルムフェスティバル「PFFアワード2015」入選!
『ひとつのバガテル』 監督:清原 惟

◇その他◇

⭐︎2016年11月2日発売⭐︎

「シアターガイド」12月号にアンジェリカ・リデルとの日々についての特集記事を書かせていただきました。


☆2012年11月21日発売☆

空気公団ニューアルバム「夜はそのまなざしの先に流れる」
※出演した7月6日の空気公団ライブから音源収録。
空気公団ニューアルバム「夜はそのまなざしの先に流れる」 予告

☆2012年11月22日発売☆
『野田秀樹 (文藝別冊/KAWADE夢ムック)』野田秀樹さんとの座談会の様子が掲載。

⭐︎Web CM 出演中⭐︎
カツラ型IoTデバイス「ウェアラブル芸人(Wearable Comedian)」

⭐︎出演作予告編⭐︎

Facebookhttps://www.facebook.com/masanori.kikuzawa.9
instagramhttps://www.instagram.com/masanorikikuzawa/

2012年5月28日月曜日

八 the eight / 冨士山アネット


ノダマップ「ザ・キャラクター」で出会い、昨年ドイツ戯曲のリーディング公演E・イェリネク作[光のない。]でご一緒させていただいた長谷川寧さん率いる冨士山アネットのジャパンツアーです。公開の通し稽古を拝見させていただきましたが、「夢十夜」のような「ゲンセンカン主人」のような不思議な世界でした。福岡公演は6/1、もう間もなくです。

冨士山アネット[八]JAPANTOUR2012開催! 
福岡公演 6/1(金) at イムズホール 第6回福岡演劇フェスティバル 参加作品/
                  イムズパフォーミングアーツシリーズ2012 vol.5 
伊丹公演 7/14(土)-15(日) at アイ・ホール 次世代応援企画 break a leg参加作品 


2012年5月24日木曜日

デイビッド・ブリック|ワークショップ


ヘッドロング・ダンスシアターのデイビッド・ブリックさんのワークショップに参加してきました。「ここは遊び場だと思って下さい」の言葉通り、最高にワクワクする場です。
カラフルで、楽しく、やわらかく、とても優しい場所。
一日しか参加出来なかったのが、とても残念です。
しかも参加料金はまさかのカンパ制。信じられない!
ただもう、感謝感謝です。

2012年5月22日火曜日

ニブロール.エキストラ.ダンサー.オーデション





「this is weather news」でお世話になったニブロールのエキストラ.ダンサー.オーデション。
興味がある方、ぜひ挑戦してみて下さい。



【募集内容】
7月10日/12日/13日(稽古 18:00-22:00)★10日18時よりYCCにて受付
7月14日(土)/ 15日(日)/ 16日(月.祝12:00-18:00)
7月17日(火)ゲネ 18時~22時
7月18日(水)ゲネ 18時~22時
7月19日(木)全体 ゲネ 18時~22時
ニブロール新作ダンス公演「see / saw」
●公演期間:7月20日(金)~8月12日(日)の各週末(金土日)
募集対象:エキストラダンサー


会場:YCC: http://www.yaf.or.jp/ycc/index.php

【応募条件】
・最後まで責任を持って全日程参加できる方
・ダンス経験は問いません、役者も、経験がなくてもOKです
・動きやすい服装で参加が出来る方
・交通費のみの支給となります
・チケットバックを考えております

【応募方法】
参加希望の方はメールにて件名に「ニブロール新作ダンス公演参加希望」と書き、
studio@nibroll.com 宛に名前、連絡先、簡単な履歴、写真(顔、全身)をお送り下さい。


参考資料
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=eq-FBSCLlZ8

http://www.nibroll.com

++++++++++++++++++++++++++++++


2012年5月21日月曜日

「ことの沈黙」ロングバージョン





1月に開催された「たまふぃるむ」の再上映会です。
5月28日16:20からの佐藤悠玄監督「ことの沈黙」に出演しています。
今度は50分のロングバージョンです。
どうぞお楽しみに。


たまふぃるむ再上映会
2012年5月28日〜29日
多摩美上野毛キャンパス内2号館2Bー05


28日(月)
桑原飛向「blink」
赤堀陽由吾「ハーフボディ」
橋本真紀子「DOUBLE TIME」
白石健太朗「23:59」
湯本万里奈「箱庭」

佐藤悠玄「ことの沈黙」
21:30から21:50
加藤秀則「あの日から村々する」

多賀世帆「漣-sazanami-」
壁村幸太郎「恋習」
佐藤大輔「santeria」
川添彩「きりはじめて、はなをむすぶ。」
「ありす」清水恭子
「はるか」村田幸代
「11.」甫木元空
「みずにえをかく」西内綾香
21:15から21:55
小村恵「THE CHOSEN KIDS」
坪田浩輝「SAKANA KUSAI ~私は魚に負けない~」
船井伊智子「violet」
竹井聡志「非嫡出子」

2012年5月19日土曜日

Twenty Looks or Paris is Burning at The Judson Church (XS)



森下スタジオにてトラジャル・ハレル「Twenty Looks or Paris is Burning at The Judson Church (XS)」を見る。
光に対する自分の眼の反応を面白く感じる。
20分程のダンスが終わった瞬間、劇場に「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・??」という空気が漂ったのを見逃すことは出来なかった。


多分、お客さんに「持って帰って」もらいたいと思うものが違うのだ。
人種なのか、お国柄なのか、ただ単にダンサーの個性なのか。


ああ、誰かこのダンスを見た人と語り合いたい。

『絶交わる子、ポンッ』紹介記事2


ぜひご覧下さいませ。

本日発売の雑誌 音楽の友 6月号 News & Information DANCEのコーナーに康本雅子の言葉と公演情報が掲載されています。公演に対する並々ならぬ意気込みが語られています。

http://ow.ly/aZr0K

www.ongakunotomo.co.jp
‎1941年以来、音楽を愛する皆様と共に雑誌、楽譜、書籍の出版社として歩んで参りました、株式会社音楽之友社のWEBページです。

2012年5月13日日曜日

あめとつちのあいだ


高輪台にある古書店「啓祐堂」内にある啓祐堂ギャラリーにふらっと立ち寄る。
写真家、田淵裕一さんの「フィルムによる写真」の写真展「あめとつちのあいだ」。
ギャラリーの床に座って、ガラスの函に入った250点のモノクローム、250点のカラーをゴム手袋を嵌めた手で、一枚一枚めくって眺めていく。
時間も空間もバラバラだ。でもそれらはめくった順番につながって、ひとつの景色となる。
騒々しさと静けさ、強烈な色気と枯気。ゴム手袋ごしの印画紙の感触が心地よい。
「デジタルになって写真を撮ろうという気がなくなってきた」と田淵さんは言う。


同感です。


写真は、やっぱりフィルムでキメたい。
焼き付けたい。
何でもそうだけど、大切なのは手触りだと思うから。
写真を愛し続けてきた職人さんの心意気に触れた。






あめとつちのあいだ 田淵裕一写真展
2012年5月12日[土]〜20日[日] 14:00〜19:00
[16日・水曜日休廊・最終日は18:30]
啓祐堂ギャラリー 東京都港区高輪3−9−8 高輪インターコート1F

2012年5月10日木曜日

『絶交わる子、ポンッ』紹介記事1


今度出演する『絶交わる子、ポンッ』が紹介されています。


クリック!

2012年5月8日火曜日

そのほかに



今日はとあるTV番組の収録。
一緒になったお医者さんからいろんな話を聞かせていただきました。
やっぱり大切なのは日々の食事のようです。
忙しくなるとどうしても手を抜いてしまう食事の支度ですが、今日の先生の話を思い出しながら、もっと楽しんで豊かな食事を心がけたいと思います。
今日の食事が明日の自分を形づくっていると思えば…。


今日はそれから、神田の神保町へ。
古本屋巡りです。


花田清輝「室町小説集」
野坂昭如/滝田ゆう「怨歌劇場」
嶋本昭三「芸術とは、人を驚かせることである」
谷川俊太郎「そのほかに」


650円也。いい買い物です。
特に谷川さんの詩集は一目惚れ。
装丁がとてもよくて、どうしても手元に置きたくなりました。


本は読むだけでなく、やはり手元に置くならば、装丁、形、手触りまでこだわりたい。
手に取った時にそれなりの質感がないものは、安っぽい感じがして、いくら内容がよくても欲しいというところまでいきません。


その点、昔の本は形も面白いものがあったりして遊びがあってよいです。
今度また古本市に出店する時は、そういう遊びもお客さんと楽しんでみようと思います。
本も食事も、何でもそうですが、遊び心と豊かさは忘れたくないですね。

撮影。撮影。

昨日は多摩美にて今度出演する佐藤悠玄監督の新作映画のテスト撮影。
みんな二十歳前後で年は断然離れているけれど、映画作りにそんなの関係なし。
いい画が撮れていたので、テストで終わらせるのがもったいないくらい。
多摩美で上演した「半神」の時のメンバーにも久々に再会できてうれしかった。
学生でもないのに、多摩美に知り合いがいっぱいなのです。


テスト撮影後は、日大で写真やってる末長真君のモデルになって多摩川へ。
写真はもっぱら撮る方ばかりなので、撮られるのは何か気恥ずかしい。
どんな写真になったことやら…。

2012年5月5日土曜日

Ovall

先日、六本木で見たフリーライブイベント「TOKYO M.A.P.S」。
小雨の中、昼一時から夜の八時まで音楽三昧の最高の一日でした。
その中でも初めて聴いた「Ovall」というバンドがものすごい衝撃でした。
ドラム・ベース・ギターがそれぞれ独特のリズムで重なりあって異様なグルーヴ感で押し迫り、そこに三人のハーモニーが心地よくのっかってくる。
いつまでも聴いていたい音でした。
CDも置いてあったアルバム二枚とも即買いです。
それでもやっぱり圧倒的に生で聴くべきバンドですね。
最高でした!矢野顕子さん、ありがとう!

2012年5月3日木曜日

土日のチケット残りわずかです。

「絶交わる子、ポンッ」チケット土日の分が残り少なくなっております。  
ご来場予定の皆様、どうぞお早めにお買い求め下さい。







ご連絡いただければ、ご予約も承ります。
稽古、毎日が色んな意味でドキドキです。