Translate

☆出演情報☆

⭐︎監督映画2作品動画配信中です!⭐︎

『おーい、大石』

予告編⇨https://www.youtube.com/watch?v=3lSh4puER7E …
購入⇨http://aoyama-theater.jp/feature/pff


『二羽の鳥、徹夜祭。』

予告編→https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=7WyppppBb-8 …


NEW!⭐︎2017年9月16日〜29日⭐︎
出演映画『わたしたちの家』PFFアワード2017入選!
「第39回PFF」9月16日(土)~29日(金) 
@東京国立近代美術館フィルムセンター(京橋) *月曜休館

主演映画の上映です!⭐︎2017年8月⭐︎

映画『OVER, UNDER, AROUND & THROUGH』

パフォーマンス『黒と白と幽霊たち』の2本立て

8/10 長野 かんてんぐら  8/12 金沢 金沢アートグミ 
8/13 大阪 Flag studio  8/15 東京 BUoY北千住アートセンター
予約はバストリオウェブサイトにて!

http://busstrio.com


終了しました!⭐︎2017年4月21〜23日⭐︎

Theater LOV第2回公演『ベアトリーチェ・チェンチの肖像』

作:田尾下哲 演出:田尾下哲/田丸一宏

Theater LOV http://www.theaterlov.com


終了しました!⭐︎5月21日東京入谷で上映イベントやります⭐︎

『世界に杭を打つ!上映会 vol.1』

2017年5月21日(日) 会場:SOOO dramatic!(台東区入谷)

オフィシャルサイト⇨http://sekainikuiwo.strikingly.com

上映会ブログ⇨


終了しました!⭐︎2017年6月4日 出演映画3作一挙上映!⭐︎

『清原惟監督レトロスペクティブ わたしたちの映画』
会場:SCOOL  

終了しました!⭐︎2017年6月9日⭐︎

Angélica Liddell
¿Que haré yo con esta espada? (And what will I do with this sword?)
SHEROVER HALL, JERUSALEM THEATRE

詳細はこちらをクリック→More Info>


終了しました!主演映画&監督作品上映!⭐︎2017年7月23日⭐︎

松本一哉「落ちる散る満ちる」リリースツアー 横須賀公演

飯島商店⇨iijimashouten.tumblr.com


終了しました!⭐︎2017年7月28日⭐︎

清原惟監督作品『わたしたちの家』上映会
@日本キリスト合同教会つるかわ台教会


終了しました!⭐︎4月29日に福岡にて上映!⭐︎

菊沢将憲監督作品「おーい、大石」PFFアワード2016に入選!


◇映画◇

☆オンライン配信中!☆

ぴあフィルムフェスティバル「PFFアワード2015」入選!
『ひとつのバガテル』 監督:清原 惟

◇その他◇

⭐︎2016年11月2日発売⭐︎

「シアターガイド」12月号にアンジェリカ・リデルとの日々についての特集記事を書かせていただきました。


☆2012年11月21日発売☆

空気公団ニューアルバム「夜はそのまなざしの先に流れる」
※出演した7月6日の空気公団ライブから音源収録。
空気公団ニューアルバム「夜はそのまなざしの先に流れる」 予告

☆2012年11月22日発売☆
『野田秀樹 (文藝別冊/KAWADE夢ムック)』野田秀樹さんとの座談会の様子が掲載。

⭐︎Web CM 出演中⭐︎
カツラ型IoTデバイス「ウェアラブル芸人(Wearable Comedian)」

⭐︎出演作予告編⭐︎

Facebookhttps://www.facebook.com/masanori.kikuzawa.9
instagramhttps://www.instagram.com/masanorikikuzawa/

2011年10月31日月曜日

砂の駅

今日は世田谷パブリックシアターでの公演「砂の駅」舞台仕込みでした。
何トンもの砂を、延々舞台にぶちまけ続けて全身砂まみれです。
太田省吾さんの舞台にこうして関われてとても幸せ。
自分たちで敷きつめたあの砂の上で、どんなドラマが展開されるのか…。
とても楽しみです。

「砂の駅」詳細こちら

2011年10月30日日曜日

玉置玲央さんのワークショップ。

劇団柿喰う客の俳優、玉置玲央さんによる演劇ワークショップに昨日と今日、二日間行って参りました。本当は四日間続けてあっていたのですが、都合で二回のみ参加させていただきました。

面白かった!の一言につきます。
やったことのあるワークでも、全然形を変えてこちらに響いてきます。
そこがきっと大切な部分なんだと思います。

地下鉄のホームで別れが切ないくらい、一緒になれたワークショップでした。
また、会いたい。そして、芝居について語り合いたい。

玉置さんは、優しくて本当にいい男でしたよ。
ワークショップは、明日まで続きます。

感謝!!


そして、ノダマップで一緒だった冨士山アネットの長谷川寧さんとついに仕事することが出来ます。うれしい!リーディング公演です。
注目のドイツの劇作家の作品に挑みます。

出演情報に詳しい情報を載せてます。
ぜひ足をお運び下さい。



2011年10月27日木曜日

せいとかしとか

七里圭監督の映画「ホッテントットエプロン-スケッチ」凄まじい体験でした。

「映画を見る」なんて生易しいものではなく、ひとつの体験/経験として体の中に突き刺さってくる激しさでした。

あるいは肌からじんわりしみてきて、体の中を徐々に浸していくような。

強烈な文体。

生演奏がまた素晴らしいのです。

これはDVDで見ても分からないはずです。映画が録音された音を使う様になって、そこで失ってしまったもの全てをこの映画は持っています。

皮膚感覚というか。
画面から匂いがする感じ。
生きている感じ。
そして死にゆく感じ。


驚きました。

http://www.hottentotapron.com/

最高の場所

近所の川の岸辺にコスモスが咲き乱れている場所がある。
いろんな蝶や蜂がいて、いつ行ってもそこだけは春なのだ。
いい具合の切り株を使ったベンチもある。

日当りのいいその場所に、最初に誰かが種を蒔いた。
花が咲いてみんなが立ち止まるから、誰かがベンチを置いた。

辺りの雑草はすっかり刈られているけれど、
誰かがそこだけは刈らずに残しておいてくれた。

いろんな誰かのちょっとした気持ちが重なった。
おかげでそこは最高の場所になった。

「何かしなきゃ病」にかかった時、
そこに行くと何もしなくていいってことに気づく。



田中泯さんとの「私の子供=舞踊団」、何かを見せるとこまでいきそうです。すごく気の長い話になったけれど。畑を耕すみたいに、自分と周りの人々の体を耕しながら、ゆっくり向かっていきます。

進行中の映画の企画は、古典劇をベースに刺激的なものになりそう。

11月にはアジア舞台芸術祭の稽古が始まります。
12月にはリーディングの公演が入りました。
その脚本がまたいいんです。

来年1月のジエン社の稽古もまもなく始まります。
先日受けたオーディションも受かって、この舞台も本当に楽しみ。

次々に続くけれど、ひとつひとつ本当に厳選した大切な舞台や映画です。自分のやり方で「最高の場所」をどんどん創っていきます。

2011年10月25日火曜日

ホッテントットエプロン-スケッチ

http://www.hottentotapron.com/

友人の七里圭監督の映画「ホッテントットエプロン-スケッチ」が明後日27日木曜日20時より、六本木の「音楽実験室 新世界」にて上映されます。

「初公開から5年以上もアンコール上映が繰り返されている21世紀のカルト映画、初演以来のオリジナルフルメンバーで生演奏上映!」

楽しみです。


http://shinsekai9.jp/2011/10/27/hotentoto/

2011年10月24日月曜日

ハノイ&東京 国際共同制作ワークショップEXT

菊沢将憲、出演最新作のお知らせです。入場無料ですので、お早めのご予約をお願いします。(11月10日予約開始


《アジア舞台芸術祭2011 ハノイ&東京 国際共同制作ワークショップEXT》

ハノイと東京からの参加者が、ハノイと東京の演出家のも
と2チームに分かれて、それぞれ10分間のオリジナル作品を作り、最終日に一般公開します。

◇日程
11月15日(火):一般上演会(小スタジオ1・2 )
13:00 / 17:00 《入場無料》

◇参加演出家
シュー・バン・ルゥーン(タンロン水上人形劇場/ハノイ
江本純子(毛皮族/東京)

◇会場
水天宮ピット(東京都中央区日本橋箱崎町18-14 TEL:03-6661-6901)

◇ご予約
11月10日より電話予約のみにて承ります。ご予約のない場合、客席数に限 りがありますので、ご入場いただけない場合があります。

◇お問合せ
アジア舞台芸術祭制作オフィス  Tel. 03-3477-0807(11:00~18:00)
E-mail:apaf.tokyo.office@gmail.com

2011年10月22日土曜日

私の子供=舞踊団


入団しました。
とは言っても、お披露目される日がくるのかどうか。
それは誰にも分かりません。

「私」の中(あるいは外)にいるたくさんの「子供たち」と出会うこと。「踊る」ってどういうことなのかをみんなで考えること。

とにかくゆっくり、ゆっくり、歩いていきます。

2011年10月21日金曜日

off-Nibroll a flower

見てきました。
すごくよかったです。

無くしたもの失われていくもの、でもそれはまた次に出会う時のためのステップ。降ってくる雨のように、空と地上を行ったりきたりしてる。

冒頭が特によくて涙がポロポロ出てきました。                    

森下スタジオにて23日まで。

狭くて近いのが、またよいです。

http://www.nibroll.com/

2011年10月20日木曜日

グラインダーマン 公演写真


2011年10月15日

              

    ナレッジ・ガーデン vol.3「『ソーシャルブレインズ』 – 関係性の中での脳機能」

       会場:インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター(六本木)






2011年10月18日火曜日

オーディション!

今日は舞台のオーディション。受けるのは女の子数名と、男は自分ともう一人。

その彼がなかなかいい芝居をする人で、見ていて楽しくなる。

同じ課題を同じように考えた上でお互い来ているので、方法が違えども相手がやろうとしていることが良く分かる。それをやるためにどれだけ手間をかけてきたかがよく分かる。

「うーむ、そうくるか、その方向でもけっこう見せれるもんなんやなー。しかもいい芝居するやんかー。おもろいなー。」

それだけで、最高。
共演できれば、なお最高。

2011年10月17日月曜日

グラインダーマン☆

ナレッジガーデンvol.3「ソーシャルブレインズ」は15日、無事終了いたしました。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございます。

打ち上げは六本木…ではなく乃木坂周辺を飲み歩き、タグチさんにいい具合にからまれながら(笑)、芸術・芸能・脳科学について語り合いました。

イベントでは藤井先生のレクチャーとグラインダーマンのパフォーマンスが素晴らしい形で混じり合い、何とも言えない雰囲気を醸し出していたことが印象的でした。

個人的には、なんとかシステム(名前忘れました)というビデオカメラとモニターを一体化したゴーグルを使って、それをかけた被験者が見ている実際の世界と、事前に撮影しておいた映像を被験者の気付かない内にすり替えて、現実だと本人が信じている状態のまま、バーチャル世界に引き込むという機械にすごく興味が湧きました。

バーチャルはそれを本人が「現実である」と信じない限り、その人自身をそのバーチャルな世界に本当に没入させることは出来ない。このシステムにはそれが出来る。

テレビでも放送されたというその実験の映像を見ている時に、周りは笑って見ているのだけど、自分はすごく深い部分での恐怖と不安をじわりと感じました。

打ち上げでそのシステムを作った方にその不安の話をすると、すごく共感していただけました。それぐらいポジとネガの部分を同時にはらんだ最先端技術だと思います。

そういう機械を使って、徹底的に遊び尽くせばいいんじゃないかというのがタグチさんの考えで、それは自分もそう思います。芸術と技術が結びつくことでポジティブな部分をどんどん引き出して、玩具のようにみんなで遊んでしまえばいいんじゃないでしょうか。

きっとその先に何か見えるものがあるはず。


次の舞台は11月15日の「アジア舞台芸術祭2011 ハノイ&東京 国際共同制作ワークショップEXT」に出演します。

情報はまた改めて発表しますが、とても魅力的な企画ですので、ぜひご来場下さい☆

2011年10月12日水曜日

四つ子の宇宙

見ました。

アトリエヘリコプターにて。

簡単に言葉にしたくない何かがありました。

宇宙の話だけど、全然SFではなくて。

すごく大事な打ち明け話、みたいな。

16日までやってます。

birthday!

今日はグラインダーマン、伊豆さんの誕生日。

おめでとうございます!

本番まで、あと二日☆

2011年10月11日火曜日

鎌倉にて

舞台「半神」で一緒だった佐藤悠玄監督の映画最新作の菊沢出演シーンが、鎌倉七里ヶ浜にて全て終了。

前作「スリーパーズ・ウェイク」とは全然違う役どころの今回、完成が楽しみです。

2011年10月10日月曜日

グラインダーマン!

10月15日、グラインダーマンのパフォーマンス会場となる「インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター」はこんな場所。

ミッドタウンタワーも、何もかもがキラキラしております。

パフォーマンスの前にいろいろ見てみるのも一興かと。

練習も熱を帯びてきております。

ナレッジガーデンvol.3「ソーシャルブレインズ」

社会脳とはなんぞや??
お楽しみに!