Translate

☆出演情報☆

菊沢将憲 Official Site


出演した短編映画が完成しました。

“Walker”
Cast / Masanori Kikuzawa Wakako Hashimoto Yuichiro Konno
Music / Ryuichi Sakamoto「walker」「tri」
Camera,Edit,Direction / Yuichiro Konno
視聴はこちらからどうぞ⇨ https://vimeo.com/236178018

祝!出演映画が第39回ぴあフィルムフェスティバル

PFFアワード2017グランプリ獲得!

『わたしたちの家』

監督:清原惟 [2017年/カラー/80分]

☆5月16日DVD発売!☆
出演作「わたしたちの家」を含めた4作品が収録されているDVD
『東京藝術大学大学院映像研究科 第十一期生修了制作作品集2017』
5月16日に発売されます!


舞台出演!⭐︎2018年5月26・27日⭐︎

アンジェリカ・リデルの舞台の再演です。

スペイン・マドリードのカナル劇場にて。

ANGÉLICA LIDDELL / ATRA BILIS ⇦こちらをクリック!
¿Qué haré yo con esta espada? (Trilogía del infinito)
26/05/2018 - 27/05/2018
Un enfrentamiento entre la prosa del Estado y el arrebato del Espíritu


終了しました!⭐︎2018年3月22〜25日⭐︎

2018年 3月 22日(木) 〜 3月 25日(日)

ミクニヤナイハラプロジェクト『曖昧な犬』
作・演出:矢内原 美邦
web ⇨ http://www.nibroll.com/aimai-dog.html


終了しました!⭐︎2018年4月6-7日⭐︎
アンジェリカ・リデル ¿Qué haré yo con esta espada?
シャウビューネ劇場(ベルリン)にて開催される
Festival of International New Drama 2018にて上演。

⭐︎監督映画2作品動画配信中です!⭐︎

『おーい、大石』

予告編⇨https://www.youtube.com/watch?v=3lSh4puER7E …
購入⇨http://aoyama-theater.jp/feature/pff


『二羽の鳥、徹夜祭。』

予告編→https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=7WyppppBb-8 …

⭐︎

菊沢将憲監督作品「おーい、大石」

PFFアワード2016入選!


◇映画◇

☆オンライン配信中!☆

ぴあフィルムフェスティバル「PFFアワード2015」入選!
『ひとつのバガテル』 監督:清原 惟

◇その他◇

⭐︎2016年11月2日発売⭐︎

「シアターガイド」12月号にアンジェリカ・リデルとの日々についての特集記事を書かせていただきました。


☆2012年11月21日発売☆

空気公団ニューアルバム「夜はそのまなざしの先に流れる」
※出演した7月6日の空気公団ライブから音源収録。
空気公団ニューアルバム「夜はそのまなざしの先に流れる」 予告

☆2012年11月22日発売☆
『野田秀樹 (文藝別冊/KAWADE夢ムック)』野田秀樹さんとの座談会の様子が掲載。

⭐︎Web CM 出演中⭐︎
カツラ型IoTデバイス「ウェアラブル芸人(Wearable Comedian)」

⭐︎出演作予告編⭐︎

Facebookhttps://www.facebook.com/masanori.kikuzawa.9
instagramhttps://www.instagram.com/masanorikikuzawa/

2018年5月21日月曜日

無限の三部作

マドリードへ。カナル劇場にてアンジェリカ・リデル "Trilogía del infinito"(無限の三部作)。出演作 “¿Qué haré yo con esta espada?”は5/26-27に上演です。 

ついにアンジェリカの母国にて。
EL MUNDO

記憶と共にある。

先日、映画を撮りました。話し合うだけではらちがあかないので、一気に考えて、一気に撮影。結局どのようにやっても、その都度、「もっとこうするべきだった」という問題にぶち当たるわけで。でもそれって撮らなければ分からなかったわけで。自分にとって映画とは思考することでしかない。思考の結果をかたちにする行為ではなく、思考の道すがら。うまくいこうが下手くそでしかなかろうがどんどん撮る。発表未発表も問わずとにかく撮る。日々想いながら編集して編集して、映画になったなと思えるものを順番に置いておく。自分が死んだとき、日々の思考の道筋が残る。残さなくともいい。カフカのように全部焼いちゃってもいいのかも知れない。その映画たちは十分に役割を果たしたのだから。自分にとって映画は記憶。記録じゃない。記録は万人と共有できるけど、記憶は自分一人のものでしかない。観せるために撮る映画は、記録。いつも記憶と共にありたい。それが自分にとっての映画。一番大切なもの。

2018年5月13日日曜日

『大仏廻国』クラウドファンディング!


出演させていただきます映画『大仏廻国』のクラウドファンディングです。昭和9年に公開された幻の特撮映画のリメイク。達成率は130%を越えてますが、まだまだ費用が必要です。千里の道も一歩から。自主制作で目指すこの特撮映画をぜひ応援して下さい。締切まであと1週間です! 
https://www.makuake.com/project/daibutsukaikoku/ …

2018年5月12日土曜日

aomusi 「3人の女のことでも、よい」



アフタートークに出演させていただきました。止まった時間を解きほぐそうとする試みのようにも思えました。広島のお酒(甘口)をいただきながら広島の街を歩いて、記憶の中を漂うようでした。明日までです。興味ある方、ぜひ足をお運び下さい。
 
aomusi 「3人の女のことでも、よい」
 2018.5.11-5.13 
新宿眼科画廊スペース地下

2018年5月10日木曜日

菊沢将憲 Official Site 完成!

菊沢将憲 Official Site が完成しました!
ぜひご覧下さい。
masanorikikuzawa.strikingly.com

オスカー・ワイルドのコント集 白鳥の歌

「オスカー・ワイルドのコント集 白鳥の歌」
  編集:ギヨ・ド・セ 翻訳:堀江珠喜
「サロメ」で有名なオスカー・ワイルドが、サロンなどで取りまきの友人・知人に語った小話(コント)の聞き書きを編者が収集してまとめたもの。第一部17編、第二部25編、第三部39編と81編の小話が収められています。ワイルドの小話を聞いた様々な人たちによる聞き書きなので、書いたのはワイルド本人ではありませんが、まずこれだけの話をサロンでちょっと披露できるだけの教養と知識の高さに驚いてしまいます。感銘を受けた聴衆がわざわざ書き残しておくぐらいの質の高い小話を、今となってはどのように表現したのかは分かりませんが、ユーモアを発揮しながら面白おかしく語ったのだと思います。こうした知識が土台にあって、ワイルドの文学世界があるのだなと改めてワイルドへの尊敬が深まりました。また、こうした知識や教養を下地にした当時の社交の楽しみ方は、やはり相当に洗練されたものがあったのだなと、この本から当時の雰囲気を楽しむことができます。いつも手元に置いておきたい一冊です。

The public is wonderfully tolerant. It forgives everything except genius.

大衆とはすばらしく寛容だ。天才以外のすべてを許す。

オスカー・ワイルド

ゴダール新作短篇『西風』Vent d’ouest 公開


ゴダールの5分の新作短篇『西風』Vent d’ouest (2018)がYouTubeに公開されました。週刊ウェブ誌『lundimatin』(https://lundi.am/Vent-d-ouest-JL-Godard …)が先月下旬にゴダールに公開書簡をしたため、映画祭粉砕から50年たっても腐ったままのカンヌを再び粉砕せよ!と呼びかけたのに応答したものだそうです。さっそくゴダール監督のアクションが始まりました。これからが楽しみです。